晴の会




いよいよです!仁左衛門の指導の仕方は凄いです!私よりヨッポド繊細で丁寧です。稽古はあと一日、いよいよ初日の幕があきます!!

コメントの投稿

非公開コメント

ワクワク、でも落ち着きます。

おはようございます。明日が初日。
皆さん、頑張ってますね。
仁左衛門丈は、秀太郎丈と同様に、感受性も鋭く、自分の考えを明確に、はっきりと仰る方で、なにしろ
自分の人生に対して、誠実ですね。
秀太郎丈も謙遜なさらず、二人揃っての御指導、楽しんでください。

私は。日曜日、京都の友人と拝見します。

楽しみです~(^^)

あの舞台上に衝立以外はセットらしいもののない状態に慣れてしまったので隠亡堀で戸板返し出来るセットがあるのが新鮮です~(^^)そして愛弟子さんに当たり役の伊右衛門の稽古をやってみせながら教える仁左衛門さん♪あーお稽古覗きに行きたい~(><)

弟御ご指導ぶりを絶賛なさるお兄様ですが白紙の彼らに基礎をみっちり愛情と厳しさをもって教えこまれたのは他ならぬ秀太郎さんではありませんか(^^)

よき師匠、ご指導陣に恵まれて出演者の皆様は本当に幸せ者ですね、その成果を拝見出来る私達も幸せです!明日の初日が待ち遠しいです♪
今日もお稽古頑張って下さいませ(^-^)/

わくわくします

 いよいよ開幕が明日に迫りましたね。
 一昨日、舞台安全祈願の修祓式の映像を拝見しました。
 今年は仁左衛門丈もご指導ということで、また違った意気込みと楽しみが盛り上がりますが、「仁左衛門の指導は凄いです」とのお言葉に、何年か前のお弟子さんへ仁左衛門丈の手の飛ぶご指導が放映されたのを見たときの衝撃と感動を想起し、さもありなんと想像しつつ、今、このようにコメントなさる秀太郎丈のふところの深さ大きさ謙虚さに心打たれます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム