八月十五日


今年の御盆も、とどこうりなく4日目を迎えて、今夕送り火を炊いてお霊様をお送りしました。したの娘も東京から帰って来て御参りできました。夜は全員で精進落としのお食事会です!

コメントの投稿

非公開コメント

ご先祖様

ご先祖様はすでに極楽浄土にご帰還になり、ご活躍のご一門の皆様のことを楽しく語り合っていらっしゃることでしょう。
合掌させていただきました。

ご無事おえられ

よろしゅうございました。
13代目さまの
にこやかな お顔が目に浮かびます。

お写真有難うございます

ご先祖様方もまた来年を楽しみにお帰りになられたことでしょう…

お嬢様も参加出来てよかったですね♪

お盆中ちょっと涼しい日もございましたがまた暑くなってきました…
くれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ!

諸霊を運ぶ火。

御写真、ありがとうございます。
向かって右側にいらっしゃるのが
秀太郎丈でしょうか。送り火は人の心を厳粛にします。
諸霊様、久しぶりの皆様との邂逅を楽しまれ、お帰りになったでしょう。片岡家の御先祖様は日常的な居場所はいくつかに別れているので、特に別れはつらいでしょう。
あー、身延山へは一緒に行かれるのかもしれません。

送り火

むーさん、
向かって右にいらっしゃるのは当代の仁左衛門丈だと思いますよ。毎年の秀太郎丈の送り火のお写真はそうなっていたし、秀太郎丈は今、写真を撮っているのだからご自分は写せないでしょう。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム