FC2ブログ

付立・つけだち(21日)





上方歌舞伎会も昨日まではテープレコーダー(CD・?)や口三味線でしたが、今日は義太夫、下座鳴物さんが入っての稽古「付け立ち」。明日は柝も入っての「総稽古」です。芝居の進み具合は個人差があり一進一退の役者や少しずつ進歩している者、後退している者もいます。明後日が舞台稽古で明明後日、しあさっては早くも初日!みんな今回教わったことを、後々に活かしてほしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

桜丸を

若手のお芝居、とても楽しみに致しております。 楽の ご挨拶
とりわけ楽しみに、いたしております。
あの あたたか~い場面が だ~い好きなので……。



楽しみです

お稽古の様子、暑さを忘れるようです。
舞台で華を咲かせてくださるでしょう。

お稽古のお写真有難うございます♪

愛弟子さんお二人の桜丸と八重、稽古着姿でもなかなか様なっているではありませんか(^^)とっても楽しみです♪

暑い日が続きますがご指導にあたられる皆様も出演者の皆様も御身体にお気をつけて追い込み頑張って下さいませ~(^-^)/

静かな情熱。

お疲れ様です。
写メ、ありがとうございます。私、
こういう稽古風景、大好きです。
落ち着いた雰囲気で、思索的な空気。具体的な教えなのに、演じてる方には、時に禅問答?のように聞こえる。伝統芸能の方々にとっては一つ一つに規範があって、大変ですね。より前に進むための助走をつけるために、後ろにさがる役者さんもいるのでしょう。御指導、頑張ってすごされますように。

菅原伝授手習鑑の二幕目も好きな芝居なので、拝見楽しみにしてます。


楽しみです

どのシーンかわかる写真を拝見してわくわくします。
いよいよ明後日ですね。次は衣裳を着けての写真も見せていただけるかしら?
台風13号も日本に来なくなるようで、高速道も復旧して、無事に大阪へ行かれそうで、わくわくします。

若手のみなさんのご活躍楽しみにしています。
最近歌舞伎の舞台が少ない愛之助さんですが。愛之助さんに弟子入りした「愛治郎さん」のお稽古はやはり秀太郎さんがつけて差し上げているのですか?
「愛一朗さん」も同年代の役者さんと比べて実力に差がついてしまわないか、勝手に心配しています。
松嶋屋さんの役者さんがますますご活躍されることを楽しみにしています。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム