FC2ブログ

上方歌舞伎会・総稽古



本公演の総稽古で衣裳を着ける事は先ずありません。この上方歌舞伎会では以前からご好意で着せてもらい、小道具も実際の物を使わせていただいています。その上、幕ごとに大道具を飾ってくれて「道具調べ」があり、ここで「場当たり」をすることが出来、本当に恵まれた条件が揃っていて、みな幸せなことです!!。芝居も少し出来てきました。明日は舞台稽古、いよいよ明後日は初日です。明日の稽古は黙って観ていたいと思っています…。

コメントの投稿

非公開コメント

レアなお写真有難うございます♪

素顔素頭に衣裳を着けた貴重なお写真を有難うございます♪
ロビーでのお稽古なのですね~

職場が文楽劇場から北へ直進徒歩十分弱のところにあるので、今日も仕事中南の方面気になっておりました(^^)こうやってお稽古の様子がうかがえてとっても嬉しいです♪有難うございますm(__)m

明後日の初日を楽しみに待っております!

お疲れのところ

ご更新 感謝もうしあげます。
こんな熱意のある 師匠方にご教授頂ける 上方歌舞伎塾育ちの若手は本当に幸せだな とつくづく思います
ファンとして 深く感謝申し上げます




お写真有難うございます

 今度は衣裳をつけてのお写真、とてもリアルになりましたね。
それに、これは、後ろにチラシ?とか、物が置いてあるのがいかにも上方歌舞伎会のお稽古でなくては見られないほほえましいショットですね。
 そして多分、今日の、即ち前日の総稽古は舞台も本番通りになるのですね。

明日は初日。

8/23

おはようございます。
明日は、いよいよ初日。多くの方々が楽しみにされているでしょう。

総稽古、日本芸術文化振興会、松竹さんらの御配慮-御厚意により、より十全な稽古ができるようになっていて、嬉しく思いました。

本日は舞台稽古、秀太郎丈は静観の意向のようですが、こういうのが、一番怖いのです。出演者の皆さん、頑張ってください。。

私は25日に拝見です。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム