上方歌舞伎会




初日の舞台、大入りのうち、無事に2回の公演が終わり、明日はもう千秋楽です。せめてもう1日やらしてあげたいです。明日の舞台は今日より少しでも上達してほしい、大切に勤めてほしいです。明日もよろしくお願いいたします!!

コメントの投稿

非公開コメント

情愛

若い人々を 愛情もってお育てくださり 我々上方歌舞伎フアンに
ほんまもの をお見せくださる ご兄弟に
深い 感謝 をおくりたい・



初日おめでとうございます!

感動しました!
皆様それぞれよかったです♪

それにしても今更ながら桜丸、動きがほとんどなくて台詞だけできかせる難役ですね~千壽さんは台詞がよくってまた美しくこのお写真の登場から魅了されっぱなしでした(^^)

嘆く白太夫を横にご恩送らず先立つ不孝を詫びるところは涙腺崩壊です(T-T)

秀太郎さんの桜丸を拝見出来ておりませんがお顔の輪郭は違えどもこんな感じだったのかしら…と思いながら拝見しておりました。

夫の亡骸の背に振り袖の左の袂をかけて愛しむ八重の姿にも涙でした
本当にお二人ともニンにあった美しい若夫婦ぶりでした~

そして段切れは竹本の「亡骸送る親送る生きての忠義、死しての義臣…」の詞章が心に残りました。菅原は段切れが名曲揃いなのですね…

今度佐太天神にお参りしてこよ!と思いました(^^)

予想以上によかった舞台も秀太郎さん達ご兄弟や美吉屋さんのご指導があればこそと思うと頭が下がります。お暑い中熱心なご指導を有難うございました!

明日も楽しみです♪

恭喜! 初日!

お疲れ様です。
初日、大好評、大入り、おめでとうござます。
本当に、二日間-四公演では、もったいないですね。
写メ、ありがとうございます。佳い写真で、嬉しく見させ頂きました。

明日の拝見、楽しみにしてます。

ひとまず、晩安! 《ワン-アン、おやすみなさい!》

初日おめでとうございます

夜の部拝見いたしました。
上方歌舞伎会、晴の会では、
普段なさらない役なだけで口跡や所作など素晴らしい方が多く、私が勉強会と呼ぶのは失礼かなとも思った楽しい舞台でした。
また、初役は初役の、
初役、そしてこれからの楽しみがあることを教えていただいたように思います。

誰もが通る道しょうが、
同じ演目を様々な座組で上演する歌舞伎ならではのことだと思います。

また、義太夫狂言特有のややこしい時代背景、人物相関、演目の前後の出来事も、
今回の公演を拝見したことで、他の菅原伝授手習鑑の演目を見たときに入りやすくなると思います。(なので違う演目も早く見たいです)

演者の皆様、ご指導に当たられた皆様はじめ、
公演に関わる全て皆様に、素敵な公演をありがとうございます!!

千穐楽おめでとうございます

今、向かっています。
苦労されても、もう千穐楽、年々盛り上がって来ているだけに、数日間ぐらいできるといいですね。 
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム