晴の会舞踊公演


朝の九時過ぎから能楽会館で「ばあたり」稽古をしています。千太郎の舞踊の師匠、若柳吉金吾さんも神戸から早くから来てくださり、色々アドバイスしてくださっています。この能楽会館は今年で閉館になるそうで残念です。天候の悪い中お越しくださるお客様、有難うございます!今日の二回の公演が無事に勤められますように!!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

夜の部これから出かけます


千太郎くんの「雨の五郎」楽しみです

今から夜の部観に行きます

もう楽しみで楽しみで!
上方歌舞伎の俳優のみなさんを応援しています。
松嶋屋ご兄弟さまの芸の継承にかける情熱に触れるとき、ほんとに感動するんです。
大好きです。

お写真有難うございます。

ご報告有難うございます。行かれず残念ですが、雰囲気が伝わってきます。
雨の五郎君に因み、雨ですが、台風がまだ直撃でなくて何よりですね。ご盛会を祈ってます。

拝見いたしました(^^)

まず千太郎君は一年でずいぶん大きくもなったしちょっとした表情が大人びたのにビックリでした!踊りも着実に進歩されていてご成長楽しみです!

素踊りは衣裳化粧の助けがないから大変ですが皆様真摯に取り組んでいらしてちゃんとその踊りの世界の登場人物にみえました(^^)
釣女は皆様の個性にあっていてとても楽しく拝見いたしました!生演奏になって本当によかったと思います♪

お休みにこうやって自主的に勉強会を開催しようという意欲嬉しいですし頼もしいことです!今後も末永く応援して参ります(^^)
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム