千秋楽



歌舞伎座十一月興行、無事に千秋楽、今年の東京公演は全て終わり、いよいよ京の顔見世!明日は高麗屋さんの親子三代襲名のパーティーに出席します。今月もご支援有難うございました。来月もまた宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

顔見世

楽しみです

ご活躍 楽しみにおまちしています

千穐楽おめでとうございます♪

今月の五、六段目は本当に見応えがありました!今日は少しの間ですが駕籠に座って休まれるお才様のお姿拝見出来て嬉しかったです(^^)駕籠屋さんお二人との素敵なお写真有難うございます!

来月はガラッと変わって義経様初役とあってワクワクどきどきです!
初日を楽しみにしております♪

恭喜! 千穐楽!

千穐楽、おめでとうござます。
いつも、写メ、ありがとうございます。おかげさまで、今月は充実した時をすごせました。歌舞伎役者さんの安定感のある芝居を拝見して、私も全く異なる分野ですが、頑張らねばと思うのです。ありがとうございます。
明日(本日)は高麗屋さんの襲名記念パーティーとのことで、賑やかにすごされることでしょう。高麗屋さんには、心からおめでとうと申し上げたいです。現幸四郎丈の御母様は生前、幸四郎丈の芝居を褒めたことがないと幸四郎丈から伺ってますが、今回は、御父様、そして
御母様からも暖かい祝福を受けられるでしょう。
来月は京で義経ということで、多くの方々が、楽しみにしていらっしゃいます。御活躍を祈ります。私は
来月、外に出ているので、拝見できないのが残念です。

元気で、すごされますように。


千穐楽おめでとうございました

お疲れさまでした。
初日と中旬はかぶりながらやや上手で、前半のお才様を近くで拝見でき、4回目のマイ楽(前楽でしたが)はかぶり下手で後半をしっかり拝見できました。
筋書の談話にも「…温かい部分と結構シビアな部分を持っていて、仕事をきちんとする人」とおっしゃっていますが、気の滅入るような悲劇の六段目にあって、唯一、お才さんの堅実さと明るさに救われました。今頃は祇園で、おかるさんに気を使いながら、お店を切り盛りしてるだろうな、あんな女将さんなら私も一文字屋さんに身を売ろうかしら。100両でなく10両でいいから、年季を待ってそのお金で歌舞伎を見に通いたいです(笑)
昨日はロームシアターにまねきが上がったニュース、早くも心は、義経様へ飛びます。寒さ倍増の師走、お元気でおつとめくださいませ。

愛之助丈には、もっとファンの気持ちを大事にしてほしいです。

千穐楽おめでとうございます!

今月の五、六段目、1度だけでしたが拝見できました。久々の歌舞伎座で懐かしく嬉しく拝見いたしました。
十三代目様のフィルムも一部分ですが感激して拝見できました。
願わくば関西でも再演していただけたらと切に望みました。
それから秀太郎丈の歌舞伎話もぜひ関西でもお願いいたします。
昼夜の寒暖の差が厳しくなってまいりましたのでお風邪を召しませんように
お元気にお過ごしくださいませ。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム