あくまでも

あくまでも私個人の感想ですが、日馬富士さんは「平成の浅野内匠頭」です。因みに好きでも嫌いでもなかったですが…、私はそう思います。

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

全く同感です

E vero. 本当に。

お疲れ様です。
いつの時代にも、起こりうる事なんでしょうけど、早まったか富士という感じです。まだまだ活躍が期待されていたのに、残念です。
京はロームと言うことで、わたしは濃霧(昔の話で、今はありません)のロンドンにしようかと思いましたが、寒いのでやめて、南イタリアに行ってきます。新春の舞台、楽しみにしてます。
元気で、すごされますように。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム