ロームシアター


舞台から見る満員の客壮観です〓花街の総見の写真をとどけます。写真は宮川町のの総見今日は上七軒さんなのでまた楽しみです!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わぁありがとうございます!
一瞬どっかの夜景かとおもいました…
首を右に傾けてながめて納得♪

客席華やかだといいものですね!
寒い日が続きますがお元気でおつとめくださいませ~

拝見しました

今日は先斗町の総見でしたね。上手の桟敷席にきれいどころさんがずらりと並んで華やかでした。幕間にロビーでまねきの簪を見ましたが、秀太郎丈は舞台が終わったばかり、仁左衛門さんはこれからで、まだ楽屋に行っていないようで、まねきの簪は白いままの方がほとんど。昼の部が終わって皆さんいそいそ楽屋に急がれるようでした。
さて今月最大の注目の義経様、まあなんとお美しい‼気品満点‼渡海屋では、これから九州へ向かわねばならぬ身の上をかみしめるかのように少し伏し目がちながら、出立の盃を飲む時はこれからに思いをはせるよう。大物浦では知盛に向ける目、そして安徳天皇に「今又義経が情け」と言われた時に、帝に向ける目がなんとも素敵で胸がきゅーんとなりました。
今日は暦では大雪(たいせつ)寒いですね。おん身をお大切になさってくださいませ。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム