僧侶です



りき彌は今月は夜の部の二月堂の僧侶に扮してます。尼僧、尼さんではありません。千太郎は「文七元結」で初めて女形に扮してます。

コメントの投稿

非公開コメント

どこの高僧かとおもつた
見なければ

どこの高僧かとおもつた
見なければ

お豆どん可愛い♪

りき彌さんと千太郎君のお写真有難うございます(^^)

りき彌さん初日オペラグラスで坊主探ししてしっかり発見しました♪
あれも座る時間が長くて案外大変なお役かも…と思いながら拝見しておりました

千太郎君のお豆どん一番いいお菓子にありつけてなによりです(^^)角海老が秀太郎さんだったらなぁなんてことも思いました…

千藏さんは大物浦で義経様に椅子を出し
千壽さんは昼は海に飛び込み、夜は吉原でちゃんとお客がついて…ご一門ご活躍でなによりです♪
千藏さんと千壽さんのお写真も拝見したいです~(^^)

日曜の拝見を楽しみにしております!

愛之助丈の密着取材番組見ました。
歌舞伎役者の妻が、あんなに番組に映るのは今まで見たことありません。紀香さん、出過ぎです。全く好感持てませんでした。「愛之助の生き方」という番組なので、できれば片岡家での秀太郎丈と愛之助丈との関係や、仁左衛門丈にお稽古をつけていただいているところ、弟子を教育しているところ等が見たかったです。残念でした。
先日、愛之助丈の後援会からポスターが送られてきましたが、送付状の1枚もなく、ただいきなりポスターが送られてきて、とても残念な気持ちになりました。

↑同感です

BSフジの「片岡愛之助の生き方」拝見しました。
かつての、「情熱大陸」のときみたいに、秀太郎丈からの愛之助丈へのメッセージ、聞きたかったです。秀太郎丈が愛之助丈に「当日に間に合えばいいというのではなくて、じっくり役と向き合う。人気はいつかはじける日がくるから、そうならないように歌舞伎役者として確かなものを残していかないと」とおっしゃっていたことが忘れられません。
紀香さんにスポット当てすぎな番組構成で、これではまたお客さんが減ってしまいそうです。後援会の忘年会、少なかったみたいで今後が心配です。

紀香さん、愛之助さんの事を書かれている方
非常に迷惑です。
ネット警察へ情報提供します。

義経千本桜

昨日、3回目を拝見しました、
力強いセリフ、そして、知盛が入水する時に、前に居る帝とかぶるので、義経様はお体を少し左に傾け、伸び上がるようにして見送られているのが印象的でした。
昨日は歌舞伎ワークに、千壽さんの解説で、りき彌さんが女形のできるまでをなさいましたが、大物浦と椀久の時間とダブるので、そちらは拝見できませんでした。

昨日はNHKが収録してましたね。24日のEテレの番組表に義経千本桜とあるので楽しみにしてます。
京都も寒いですね。お風邪など召しませんようお祈り致します。

はじめまして

秀太郎さんの後援会に入るには、どうしたら入れますか?

千穐楽おめでとうございます

昨日拝見して義経様がの台詞や表情に深みが増していて感動いたしました!

本日も楽しみにしております♪
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム