FC2ブログ




心配していた積雪もなく無事に楽屋いり。昼の部の出番を終え、池上・本門寺に、二十三回忌祥月命日の義姉(我當夫人)のお参りに行きました。22年前の2月2日は、今年大学を卒業する次女がまだお腹にました…。月日の経つのが速すぎて、おちおち生きていられません(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれ~ こめんとしたのに

反応しない シクシク

今回は大雪にならず

やれやれです
また高速道路通行止めになったりしたらやってこられないところでした
無事に東上しまして本日の拝見を楽しみにしております♪

大蔵譚の鳴瀬の秀太郎さんと腰元のりき彌さん、そして暫の腰元の千壽さんのお写真ですね!益々楽しみになります~(^^)
千藏さんも機会があればお願いいたします…

日々是好日。

おはようございます。義姉様、喜ばれたことでしょう。我當丈は今月
お勤めで、拝見できて、嬉しいです。写メ、ありがとうございます。りき彌さん、千壽さんも油がのり御活躍ですね。楽しみです。11日に拝見です。


先日、我當丈が御出演の狂言の抜粋版をTVで拝見しました。お役名が「堅物太郎」で、御性格にぴったりの役名なのではないかと思い、ついニヤニヤしてしまいた。失礼しました。


本当に、人生は時との戦いなのでしょうか。本日も、楽しんですごされますように。

三兄弟

お写真ありがとうございます。

秀太郎丈の鳴瀬を楽しみにしています。

そして口上で久しぶりに三人揃われるのがとても嬉しいです。秀太郎さんのご報告を
義理のお姉さまもさぞかし喜んでいらっしゃるでしょう。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム