海老蔵さんの


源氏物語、早くも今日川崎で初日があきました。この公演には千壽が朧月夜で出していただいています。歌舞伎座は明後日が初日。千蔵とりき彌が頑張っています!

コメントの投稿

非公開コメント

春♪

千壽さん、いつもながらお綺麗で、お衣裳の色が良いですね。
まもなく桃の節句を迎え、いよいよ長く寒かった冬から春へと季節が巡りますね!
秀太郎丈の渚、楽しみにしております。

なんとお美しい♪

前回も拝見しましたがなんてお綺麗な(^^)
今回も楽しみにしております!

この前千穐楽だったと思ったらもう明後日初日ですね♪楽しみです~(^^)
国姓爺、前回秀太郎さんの渚のときいたく感動しましたので今度も楽しみです!
前回千藏さんが和藤内の太刀かなんかが重たくて持ち上げられない人々ででててスギちゃんの真似してくれてて楽しかったのをふと思い出しました(^^)ワイルドでした…

りき彌さんは水芸人なんですね♪こちらも千壽さんに負けず美しかろうと楽しみです!

弥生

おはようございます。
渚さん拝見、楽しみにしてます。
国姓爺合戦は、二-三年前に文楽で観ましたが、歌舞伎では初めてです。文楽では附随音楽-メリヤスが三味線の合奏曲でとても良かったので、歌舞伎ではどんな形態になるのか、これも又、楽しみにしてます。
朧月夜は高貴で美貌で、当時としては情熱的-奔放に生きた人物で、
千壽さん、その感じが、よく出ている拵えで、とても良いですね。

秀太郎丈、皆様の御活躍、上首尾でありますように。


プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム