梅笑会


芝のぶ・笑野の二人の会「梅笑会」を国立小劇場に観に行きました。二人ともシッカリと好演でしたが、「妹背山道行」の求女が猿之助さんだったのには驚きました。彼の優しさ、求女の「はんなりした和事の色気」に感動し、涙がこぼれました。「仁左衛門⑬のおじさんのように衿は抜きませんでした…」。地方連も素敵でした!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム