いま名古屋にいます



三月26日は父の24回目の祥月命日でした。父の好きだった櫻が美しかったです。父が亡くなった後に産まれた二人の娘たちも、姉娘が20日に京都で、妹はこの日、26日東京で、それぞれの大学の卒園式がありました。長かったような短かったような24年…。翌27日は歌舞伎座の千秋楽、国姓爺の渚を無事に勤められたことは嬉しかったです!そして一旦ホテルに帰り、妹娘と食事をしてから名古屋へ向かい、無事にチェックインしました。28日は十時から御園座の開場式に参加後稽古があり、四月一日から御園座柿葺落としの幕があきます!

コメントの投稿

非公開コメント

御園座も

秀太郎さんのお舞台
楽しみに致します

有難うございます & おめでとうございます & 頑張ってください

 お父様のお墓と満開の桜のお写真、有難うございます。手を合わさせていただきました。27日の徹子の部屋に、お父様のお元気だった映像が再生されて、久しぶりにお目にかかれた気分で嬉しゅうございました。
 26日は、また渚様を拝見させていただきました。秀太郎丈が渚をなさったことで、このドラマの本当の主役は渚さんなのだ、と思わせられ、感動いたしました。
 お嬢様お二人のご卒園、おめでとうございます。4月からはどのような道をお進みになるのかしら、と期待しています。

 いよいよ御園座の杮落としですね。もとの、あの御園座がどのように新装なったのか、そしてそこで秀太郎丈のお芝居が展開されると思うとわくわくしますが、4月は参上できないかも。申し訳ございません。また素敵なご報告を見せていただけるだろうと楽しみにしています。頑張ってください。(「お気ばりやす」と言うのかしら。)

もうすぐ名古屋に行きます♪

お写真ありがとうございます。残念ながらお父さまの舞台を拝見したことがありませんが、いつかお参りさせていただきたいと思います。

お嬢さまお二人のご卒業おめでとうございます。親として、一つ肩の荷がおりた気分ではないでしょうか?親にとって子どもはいくつになっても子どもですが、お嬢さまたちの成長は感慨深いものだと思います。

御園座は新開場で初めて伺うので、今からとても楽しみにしています。

お写真有難うございます♪

ご命日の桜が美しい…
私もえこさま同様、ご当代がゲストの徹子の部屋で十三代目さんのお姿を拝見して嬉しい気持ちなりました(^^)

いよいよ御園座柿落とし公演ですね!
この初日のチケット優先購入をせんがために去年の名古屋の顔見世に行ったようなものでした…(^-^;)

その甲斐あって初日に拝見することが出来ます~(^^)歌舞伎座では仁左衛門丈の絵本合法衢の演じ納め…秀太郎さんのお道もまた拝見したかったですがお道さんはまた殺されてしまうけれど
立花屋おきつさんや吉田屋おきささんは無事ですし新幸四郎さん初役で挑む大役二つ、秀太郎さんが出ていらっしゃるのがとっても大きな支えになるので名古屋の二役(口上いれたら三役ですね)を楽しみにしております♪

弥生→卯月

3/31

おはようございます。写メ、ありがとうございます。天気に恵まれて、よかったです。お嬢様方、ご卒園、
おめでとうございます。いよいよ実社会への旅立ちでしょうか。

名古屋-御園座での襲名-柿落とし公演では、毎日、吉原から新町への移動で大変だと思いますが、頑張ってくださいますように。

明日が初日。中日頃、拝見します。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム