御園座




今日も盛況の内に15日目を終え、公演も後十日になってしまいました。名古屋は五年振りでとても懐かしく、色々な思い出がよみがえって来ます。

コメントの投稿

非公開コメント

拝見

お疲れ様です。今回は歌舞伎座とことなり、気楽?リラックス?して拝見しました。御園座での観劇、初めてでしたが、なにか周りの空気がそうさせるのです。
秀太郎丈の役名、「つ」と「さ」の違いだけなのに、はっきりと、それぞれの文化の相違を背景にして、客席にその性格を伝えてくださり、良かったです。
皆さん、それぞれの役を大事にされているのが、よくわかり、気持ちよかったです。
あと十日、楽しくすごされますように。

御園座

御園座は秀太郎丈にとって馴染み深く、名古屋にはお若い頃からのお友だちも沢山いらっしゃるようですね。懐かしい方々と旧交を温めつつ、丁寧に舞台をつとめられていらっしゃるご様子がうかがえます。

私は今回初めて御園座に参りましたが、二階席後方からでも舞台が近く感じられ良い劇場だと思いました。関西からだと、気軽に行けることが分かったので、次からは歌舞伎公演の度に足を運びたいと思います。

あと十日になりましたが、お元気に千穐楽を迎えられることを願っています。

おきささんもおきつさんも素敵♪

東西の花街の女将さんとっても素敵です~(^^)

花街に縁のない庶民はお芝居で拝見するばかりですが東西の女将気風の違いみたいなのが面白いですね♪
権八にきっぱり言うとこが格好いいおきつさん、あくまでも物腰柔かで優しげなおきささん…東西の間のご当地名古屋はどんななのでしょうか…?三河の花街が舞台のお芝居ってないのかな~なんてことをふと思いました…残り十日お元気でおつとめ下さいませ(^^)

はじめまして

秀太郎様。
出産子育てが落ち着いて大好きな歌舞伎を久しぶりに観ました。
以前から秀太郎さんのお芝居が形式ではなくて
実があってとても素敵だなと思っていましたが
今日の籠釣瓶のおかみさんも隅々まで心が通っていて本当に素敵でした。
これからもお元気でいてください。
秀太郎さんの素敵なお芝居を沢山観たいと思いました。

お写真拝見しております

暫くお芝居を拝見できなくてブログを楽しませていただいております。お役を大切にされる秀太郎さまのお舞台を拝見できる時を
楽しみにしております。

拝見できなくて

もとの御園座には何回も通いましたが、新しくなった御園座には、いろいろ関心があるものの、今月どうしても伺えません。すみません😢⤵⤵
 名古屋のお客さんは観劇に独特のフィーリングがあり、眼も肥えていますが、素晴らしい舞台で、お客さんはノックアウトされてるでしょうね。
 おきつさんは以前にも拝見して江戸の味が満点でしたし、おきささんは今や秀太郎丈以外には誰もできない持ち役で上方の雰囲気が最高😃⤴⤴
 素晴らしいお写真を有難うございます。プリントアウトして、眺めて、酔わせていただいてます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム