FC2ブログ

十日目


10日目の舞台を無事に勤めました。二人の孫たちも元気に舞台を勤めています!そんな訳無いと思うのですが、勘太郎君 初日より背が伸びたようにかんじます。
今月の楽屋で、昭和28年12月の京の顔見世の時の盛綱陣屋、無声のフィルムのダイジェストを見ています。寿海おじ様の盛綱で私が小四郎、孝夫の小三郎。鴈治郎おじ様の微妙、富十郎おじ様の篝火など…、とても懐かしく、今残っているのは孝夫と私だけ、65年ほど前の映像。あと65年経つとどんな事になっているのでしょうか〜。65年どころか、20年も経ったら勘太郎君も眞秀君も、若手の人気役者として活躍していると思うのですが、眞秀君に「大人になっても歌舞伎役者で頑張るの?」と聞いたら「歌舞伎役者とサッカー選手!」とのこと?私は即座に「サッカー選手は怪我をするから、役者だけが良いよ!」と言ったのですが…。



iPhoneから送信

コメントの投稿

非公開コメント

小四郎&小三郎のお写真ありがとうございます♪可愛いです!

昭和28年のモノクロフィルム、以前衛星劇場で放映された札元カメラさんの関西歌舞伎8ミリ映画のやつでしょうか?
無声で舞台の極一部でしたがとても興味深く拝見したのを思いだします(^^)
壽海さんの盛綱の台詞をきいてみたかったです~勿論健気な彦人さんの小四郎台詞も!

今月ももうすぐ中日ですね
次回拝見を楽しみにしております!

気が早いですが来月の野崎村は珍しくちゃんと両花道のようですね(^^)お染とともに船で仮花道を入っていかれるんですね~こちらも楽しみです!

20年後

二人のお孫さんのお写真ありがとうございます。本当に20年後が楽しみです。

きっと秀太郎丈の「櫓のお七」を持ち上げてくれますよ!

10日の寺子屋成果披露公演「百桃かたり」を拝見しました。ちゃんと歌舞伎、所作事になってる!と感動しました。小学生とは思えない役者ぶり。声もしっかり出ていて、励んでこられた成果を実感しました。中学生の部も拝見します。「寿曽我対面」は第1部は秀太郎丈の第2部は梅玉さんのご指導と伺いました。上方と江戸、両方観るれるなんて贅沢な楽しみです。

けれどその前に、微妙と二人のお孫さんとの対面するのが何より楽しみです。

追伸

7月松竹座の大歌舞伎が発表されましたね。
秀太郎丈のお名前を見つけました!

7月に大阪松竹座で観れて嬉しいです!(^^)!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム