FC2ブログ

晴の会


今日は「お祓い 成功祈願」の後、舞台にて稽古をしました。後三日後には初日で、山村宗家も仁左衛門も、もちろん私も必死です!あと少ない稽古を、力を合わせて頑張ります!



iPhoneから送信

コメントの投稿

非公開コメント

今年も楽しみです(^^)

松竹座千穐楽の後休む間もなくお稽古で
明明後日はもう初日なのですね~

ご指導にあたられる秀太郎さんと仁左衛門さんも出演者さんも演出の友五郎先生もお疲れ様です!

晴の会初の竹本を使ったお芝居ということでどんな感じになるのかしら?とワクワクしております(^^)
毎日厳しい暑さが続いておりますがくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ(^^)/

文楽劇場

おはようございます。

千穐楽後ひと息つく間もなく、晴の会の指導でお疲れさまです。土曜の午前の部を拝見する予定です。楽しみにしています。

月曜日に文楽劇場で忠臣蔵(五段目から七段目まで)を拝見しました。咲太夫ほかの浄瑠璃に魅了され、人形の哀れに泣きました。
幕間、パンフレットの中に秀太郎丈の寄稿を見つけました。歌舞伎と人形浄瑠璃の縁の深さ、忠臣蔵の上方と江戸の違い、お軽の衣裳やそれぞれの場での心持ちの違いなどについて興味深く拝読しました。
晴の会を待たずして秀太郎丈に触れられたようで嬉しく思いました。

ワクワクしてます

 お祓い成功祈願の様子が、今日、晴の会の公式ブログに出て、秀太郎が祈願していらっしゃるお姿の写真を嬉しく拝見しました。
 いよいよ明日は初日ですね。私は2日目に参ります。
 見たことのないお芝居で、ストーリーがわかるかしらと少々不安ですが、それだけに楽しみは200%です。
 猛暑日が続きます。お体お大事に。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム