FC2ブログ

名古屋御園座



名古屋顔見世五十周年の初日を元気に勤めました!獅童君との久々の共演、愛娘も壱太郎君の上、千壽もりき彌も良い役で頑張っています!公演に先立ち、28日に御園座初という お練り に参加しましたが、大阪や東京、長野などから沢山応援に駆けつけてくださり、とても嬉しかったです。ありがとうございました!







iPhoneから送信

コメントの投稿

非公開コメント

初日おめでとうございました!

瞼の母、大いに泣きました(T_T)獅童さん役者ぶりが大きくなられて前回明治座、前々回巡業よりもよかったです♪
おはまと忠太郎の水熊の座敷での場面は双方の想いに緊張と涙の連続でした!

可愛い壱ちゃんとこれまた可愛いりきちゃんとのツーショット有難うございます(^^)

千壽さんとは出番がすれ違いですね~f(^_^)でもこちらもいいお役をしっかりお勤めで國矢さん吉弥さんとの家族愛をみせて下さいました(^^)

身替座禅の小枝の千太郎君すっかり綺麗になっちゃって!でしたが声変りで大変そうでしたね…f(^_^)しばらくは自分で思うような声がでずしんどいでしょうけれども頑張って頂きたいです!

とても満足な初日でした(^^)
素敵な舞台を有難うございました!
千穐楽までどうぞお元気でおつとめ下さいませ(^^)/

同じ9月生まれ。

片岡秀太郎様
千葉の高一です。同じ9月生まれ、私は古希70歳です。8歳違いです。人間国宝おめでとうございます。一度お目にかかりたく思います。歳を重ねて、更に素晴らしいお顔になってらっしゃいます。後輩、同門、お子様指導にお力を入れられる、芸の活動、精進にリスペクトしております。東京公演の際お逢い出来ますれば嬉しく思います。何卒、宜しくお願い申し上げます。

秀太郎さ~んっ,

 今日は終日会議があったので、コメント遅れました。
 久しぶりのブログ更新有難うございます。
 お練りに行かせていただきました。商店街のお練りは大変な人混みで、しかも距離は短かったので追っかけができませんでしたが、からくり時計台の特設舞台のご挨拶は、yさんのお蔭で真ん前の席でじっくり拝見できました。秀太郎丈のご挨拶では、50年前から出演していて、以前は仁左衛門の息子だったのに今は仁左衛門の兄になりました、とユーモアの中にも長いご芸歴の重みに心打たれました。
 来週早々に拝見します。「瞼の母」は巡業と明治座とで拝見しましたが、胸に迫るお話ですね。終演まで見ていると日帰りできないので、一泊してじっくり拝見させていただきます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム