FC2ブログ

訂正 江戸の顔見世


今日25日、歌舞伎座の千穐楽を迎えます。市松小僧の女、とても好評で、自分も出ている狂言が評判がいいというのは嬉しいことで、私の役は百姓のおばさん。出番も10 分たらず、カラッとして思ったことをサラッと言う、気持ち良く楽しい役で、たまにはこんな月があっても楽しいです(^^)毎月では困ります!
歌舞伎座が終わると いよいよ京の顔見世!私の出番は早く、午前中のひと役だけで、これはとてもショックでしたが、私は顔見世七十年、七十回目の節目、大切に舞台に挑みます。
今日昼の12時からNHKEテレ 芸能花舞台の再放送があります。添付の写真はその時の 梅川 です。



iPhoneから送信

コメントの投稿

非公開コメント

No title

歌舞伎座楽しかったです❗南座の顔見世もとっても楽しみです❗秀太郎様のお出ましが一演目で残念です。お弟子さんは皆様七段目にお出ましですか?
寒くなりましたがご自愛くださいませ

千穐楽おめでとうございます

 今月は1回しか上京できませんでしたが、おかねさんを拝見できて嬉しかったです。
 若い若い梅川さんのお写真も有難うございます。今日も再放送でしたね。(「芸能花舞台」でなく「にっぽんの芸能」です)。舞台も懐かしかったですが、楽屋でのお話がとても立派で、一昨日はテープ起こししました。
 今朝は南座のまねき上げ。いくつかのメディアの記事と写真をプリントアウトしました。

千穐楽おめでとうございます

金曜日ににっぽんの芸能拝見しました(^^)
私の川さんは封印切も新口村もやっぱり秀太郎さんです!(おえんさんも大好きですけども)
角力場の与五郎さんが吾妻に会うのを楽しみに花道でてくるところも写ってましたね(^^)こところいっつも与五郎さんは木戸口入ってしまってからお芝居スタートなので新鮮でした!秀太郎さんの演じるああいうつっころばしも大好きです♪
今月のおかねさん襖さっと開けていいたいこと言ってすっとまた閉めちゃうのがなんかとっても楽しかったです♪

早いものでもう週末は初日ですね!楽しみにしておりまーす(^^)/お気をつけてお帰りくださいませ!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム