顔見世!

「沼津」の稽古は今日から三日間、すぐに初日を迎えます!今年の顔見世は、私たち三兄弟の「沼津」が話題で、多くのお客様に期待されているため、かなりぶプレッシャーを感じますが、そのプレッシャーをエネルギーに、いつも通りの平常心で、心を込めて「およね」を演たいと思っております。宜しくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わっ 開けたら更新待ってました『顔見世』!に。 これから沢山お話聞けるの楽しみです。秀太郎さん、お米 楽しみでーす。

No title

お話にあった『顔見世60回ご出演』日経新聞掲載は29日だそうですよ。 ブログ拝見の日から、日経支社の表掲示板 見に通い(笑)日わかり(喜&嬉)。

No title

やっと関西にお帰りですね(^◇^)

顔見世の広告今日の夕刊に大きく出ていました。
3兄弟御出演の「沼津」がとても楽しみですが、もう二つ楽しみが増えました。前半だけでは物足りないので後半のチケットも申し込むつもりです。

No title

一年の締め括りの顔見世がもうすぐ幕開けですね。
沼津楽しみです♪主演のご兄弟お三方が楽しみなのは勿論ですが小揚げでの妊婦さん夫婦は誰かしら?とか籠屋さんペアは誰かしら?とか茶店の人は?とか細かい配役想像するのも楽しみです…。
秀山祭での東京の舞台との見比べも楽しみです。歌昇さんは東京と京都と同じお役ながら周りが替わってご自身の芝居もどう変わるかなんてことも楽しみです。初日が待ち遠しいです!

No title

日経29日ですか 楽しみです。伝統の顔見世、秀太郎さんのこの60回って凄い事ですし、珠玉ですよね。おめでとうございます。

No title

日経の顔見世よもやま話楽しく拝読。花街の総見 華やかでいいですねぇ。顔見世ならでは…♪ でもまず第一は、秀太郎さんの お米 楽しみです!!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム