FC2ブログ

井筒屋おえん

ついこの間、公文協東コースの巡業が終わったと思ったら、早くも西コースの初日を迎えました。今回の公演では『封印切』の井筒屋おえんを勤めています。封印切は上方狂言の中でももっとも人気のある狂言で、私も13歳の巡業の折、父仁左衛門の忠兵衛で初めて梅川を勤めさせていただいて以来、梅川、おえんともに数え切れないほど勤めさせて頂き、おえんでは多くの『梅川さん』に付き合って来ました。順は覚えていませんが、山城屋(坂田藤十郎)さん、翫雀さん扇雀さん、孝太郎…たしか魁春さんの梅川もあったとおもいます。そして今回は中村壱太郎さん!ご存じ翫雀さんの息子さんで、山城屋さんの孫さん、今年19歳になったばかりの若女形で『おじいさま』の忠兵衛で梅川役に挑みます!松島屋も成駒屋も、親子や兄弟で梅川忠兵衛を勤める事はありますが、『祖父孫』で梅川忠兵衛を勤めた例は聞いたことがなく、すごい事だと思います!何が凄いって、山城屋さんの『若さ』です。山城屋の兄さんはプライベートでも若い女性がお好きですが、舞台での相方も若
い女形もお好きなようです!ちなみに今年の京都顔見世では私が梅川を勤めさせて頂きますので、頑張って若々しい梅川を演じたいと思っています(笑)。さて肝心の『おえん』ですが、この女性は気の優しい人で、忠兵衛・梅川をとても愛していてお人よし、けっこうおっちょこちょいなところもあるようです。おえんの言動がお客様(観客)に楽しい安堵感を覚えて頂けるような、そんな『おえんさん』を演じたいと思っています。関東での公演は二カ所ですが、京阪神ではかなりの公演がありますので、ぜひともご観劇下さい。それと、福岡、大分、それに松山での久々の公演も楽しみにしております!よろしくお願い致します!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

巡業の初日ですね。 おめでとうございます。 京の顔見世 「梅川」と新聞発表、小躍り致しました。  秀太郎さんの女形には、そのお役お役の心と、芯に女の かわゆらしさ いじらしさ が、しっとりとあふれ 拝見毎に、心酔させられます。
今日のブログで、「おえんさん」も拝見に上がらねば・・・と。今思ったところです。   おからだ大切に。 

No title

昨夜、川口で「封印切」を見た東京の若い友人が「今まで歌舞伎座で数回封印切を見たけれど、東京者には面白くなく『近松ものは自分には合わない』と思っていたらしのですが「今日見た封印切はとても面白くて燗ざましの八つあんが可愛く見えた」と言ってました。秀太郎丈のおえんは最高です!!関西に帰られてからの興行を楽しみにしています。
叉南座顔見世での梅川も久々に拝見出来るのを楽しみにしています。

No title

昨日、尼崎の公演を拝見いたしました★
今年の5月に生まれて初めて歌舞伎を見始めたばかりの「超初心者」です。ここにコメントを書かせていただくのも、とても緊張しております(^^;
「封印切」秀太郎丈のおえんさん、とっても良かったです♪控えめだけれど、華があり、品もあって、茶目っ気もある…同じ女性として、ああいうかわいらしいステキな女性を目指したいナと思いました(^^)/
八右衛門と一緒の場面(げじげじの場面)では笑いもあり、終始とても楽しませていただきました。ステキな1日をありがとうございました<(_ _)>
次回は南座顔見世に伺います。どうぞお大切に...

No title

3日の尼崎アルカイックホールと今日岸和田浪切りホールで拝見しました。浪切りは本花道が通っていますので、見るものにとっては見やすく思えました。
封印切りのおえんさん、いつかあのように着物を着こなし、人に気ずかいできる粋で優しい女子はんになりたいもんやなあ、と秀太郎丈のおえんさんを見る度に思います。
今日は藤十郎丈も愛之助さんを相手に丁々発止とやりあっておられて素晴らしい舞台を見る事ができました。
叉連獅子も御二人共に溌剌ととした動きと気振りに感動しました。
楽の京都にも行きたいと思ったりしてます。

No title

モバイルが更新され、楽しみのお写真 開けてビックリ!!
噂のおひげの・・・。思わず キャッと叫びました。
かゎいい!秀太郎さん とっても素敵でーす ハート
待受けにしまーす。

No title

1-:kE3oZ, www.galmovie.org, 色白で乳首ピンコ立ちギャルの可愛い喘ぎ声に興奮しすぎて顔射!, http://www.galmovie.org/50.html
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム