おはようございます

演舞場四月興行、おかげさまで、本日無事に初日を迎えました!今月私は、封印切と太功記、昼夜二つの狂言に出ていますが、一人でも多くのお客様に「演舞場に来て良かった(^O^)」と明るい気持ちになって喜んで頂けるように、一座の皆さんとともに、心を込めて役々をつとめさしていただきます!ご支援の程、宜しくお願いいたします!

コメントの投稿

非公開コメント

初日おめでとうございます

とても張り切って舞台へおのぞみのご様子窺え、お若さを感じます。
東京の友達は、初日拝見を楽しみにしておりました。羨ましいかぎりです。

思い出すこと

大十と聞くと思い出すこと。千日前の歌舞伎座(舞台が広かった)今月の番付には載るでしょうが、三代目時蔵さんが操なさった時、いつもは十次郎のそばに、操、初菊が付き添うのを、当時千土地会長の白井信太郎氏が監事室から御覧になって、『おかぁはんほっといたらあかんがな』と仰って、操は皐月に付き添うことになりました。永く太十を観ません。太十が出ると知り、昔のひとこま書かせて頂きました。

No title

初日、おめでとうございます。
本当に、こんな時だからこそ、元気をいただきに、劇場へ参りたいと存じます。
楽しみにしております!

言いだしたら切りがないけれど

先の話、もし違っていなければ、猿之助さんの光秀?。猿之助さんといえば忘れられないのが『高野物狂』。時が同じじゃないかと。 BLOGの主でいらっしゃる秀太郎丈の、名子役の名をほしいままにしていらした彦人時代 の 花若丸。 たった二人の名舞台。あの大舞台の感動は、年月を越え鮮やかに思い返せます。
彦人氏の名演 是非 投稿したかったのです。

初日おめでとうございます

明日夜の部拝見します♪
今月は秀太郎さんご出演の二演目以外の書き物のお芝居も主役が初役だったで色々新鮮そうで楽しみです。

ワダ様、操が皐月の傍にいてやるのはそんな由来があったとはしりませんでした。でもそれぞれ手負いの若者と老母がいて老母はほったらかしではかわいそうですものねぇ。東京式という今月はどないでしょ。文楽の方ではどないなんでしょ(以前玉男さんの光秀で拝見したはずなのに覚えておりません…)。上方式を拝見したのも、もしかしたら上方歌舞伎塾の発表会以来くらいかも。関西ではしばらくかかってないような気がします。記憶も薄れておりますが違いを楽しみにしております。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム