FC2ブログ

博多座公演

五月二十九日、台風二号の影響で、「船乗り込み」は中止になりましたが、式典は行われ、暴風雨の中、大勢の方々がエールを送ってくださいました!。その折の「ご挨拶」でも申しましたが、父の仁左衛門はこの博多が大好きで、ご贔屓や花柳界(水茶屋見番)の芸者衆とも親しく、私も子役の頃から毎年のように伺っていて、思い出が山ほどある、懐かしい博多公演、頑張って勤めますから、皆さん是非博多座にお越しください!

コメントの投稿

非公開コメント

暴風雨の中お疲れ様でした

悪天候で船乗りこみは中止だったのですね。
残念!
大阪は暑くない程度にお天気に恵まれますように。
もうお稽古も始まっているのでしょうか。
蒸し暑い季節ですがお身体にはお気をつけ下さいませ。

あいにくの雨

ちょうど台風が来ていたので、心配していました。

秀太郎丈にも博多の船乗り込みを味わっていただきたかったのに残念でしたね。

私は仁左衛門丈の博多の船乗り込みに行ったことを思い出します。柳川から来たどんこ舟が勢ぞろいして、それはそれは大変な盛り上がりでした。

あとひと月で大阪の船乗り込みですね。
今年はご兄弟お三人と、ご子息達お三人お揃いの船乗り込み。
もちろん参ります。
どうか天候に恵まれますように。

申し遅れました、博多座、頑張ってくださいませ。


No title

大雨の中の式典でしたね。
是非とも船に乗って、博多の風情を味わっていただきたかったのですが、残念です。

町並みもすっかり変わってしまった博多ですが、新しい博多を楽しんで、一ヶ月をお過ごし下さいませ。

雨って

アメの中大変な歓迎会?ですね。
福岡でのお芝居のこと、また教えてくださいネ 。
楽しみに待ってまーす。 横須賀のお芝居楽しみです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム