松竹座



十日目の舞台も、元気に勤めさせていただきました。公演前稽古に入る迄は、体力的に、今月の昼夜の三役を、無事に勤める事ができるか、正直言って少し不安だったので、心身共にいろいろと鍛えた甲斐あって、初めての稽古の日から、スムーズに入っていくことができ、気持ち良く初日を迎え、今日で十日、素敵なお客様にも後押しされ、元気に役役を勤めています。今月の三役は、それぞれ違う役柄なので、演じていても楽しいです。芝居と云うものは難しいもので、頑張れは良い、力演すれば良いと云うものではなく、狂言(演目)や役柄によっては、力を抜いて淡々と演じなければならないものも多く、今月の三役も、その種の役役で、かえって難しい面もあるのですが、体力的には、実はかなり楽なのかも知れません。後十五日、頑張って…、それなりに頑張って、お客様に楽しんでいただける舞台を続けていきます。いろいろ工夫して毎日新鮮な舞台を勤めていますから、何度もご覧になって楽しんでいただきたいと思います、宜しくお願いいたします。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

嬉しや 更新!

開けてみれば、嬉しやうれしや。

今夕刊に、秀太郎丈の万野、万次郎対象的な二役を『かっきりと演じ分けて見事だ』 とあり、大喜び。
本当に、和事の万次郎と、舞台の要の万野。私達は 本当にいいもの観られてる!と嬉しいかぎりです。
秀太郎丈のお元気、そのイキイキぶり…嬉しい限りです。

またまた素敵なお写真

三役それぞれ有難うございます♪
この万野の姿のよさったら美人画からぬけでたようですね!
年増の万野も素敵ですが若い頃もさぞええ女やったやろな~。なんであんないけずにならはったんやろか…彼女の人生にも色々あったんやろなと想像してしまいますf^_^;
次回拝見するのが益々楽しみです。

素敵!!

万野のお写真素敵。意地悪ぶりもとても初役とは思えません。
女形の美しい倒れ方も見とれます。お昼は後1回、夜は後2回。今月が終わりませんように、と思ってしまいます。
今朝、愛之助丈がラジオに出演されていました。お父様への感謝を言っておられましたよ

素敵ですね。

今日10日ぶりに、今、昼の部の三回目を拝見しました。女将さんの厳しくも愛のこもった説得に頭が下がりました。ご熱演で、火箸で火鉢の灰を強く叩かれたら灰かぐらが上がり、お羽織を払い、少し咳き込まれての退場で感動でした。
今回のこのお写真も素敵ですが、今日は何枚もブロマイドが出ていて、ブロマイドはお芝居中のショットなので、また別のインパクトがあり、みんな欲しくなりました。
これから夜の部で万次郎様と万野さんの万万さまを拝見します。

三役に感心!

秀太郎丈
有難う。 久しぶりに いいお芝居観る事ができましま。
三役 三様のお役を、鮮やかにやってのけられる秀太郎丈に、また改めて尊敬の念。

歌舞伎Mobileの、11月の巡業表にビックリ。ほとんど乗り打ち?

どこかで一度は拝見しょうと思います。

その前にもう一度、万次郎、万野を…。 千本桜のこせん、維盛の名品二役 続々楽しみが並ぶ楽しみ。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム