初日



三十日、横須賀での舞台稽古も無事に終え、いよいよ初日を迎えます。何度もやっている役で、気心の知れたメンバーですが、やはり初日は緊張します。初日の横須賀は今回のコースでは、最も東京に近い上、二時からの一回公演のため、早くからの完売で、ご贔屓の観劇ご希望にお応えできず、大変申し訳なく思っております。それでも随分早くにご注文下さった地元のご贔屓が、京都宮川町の綺麗どころを引き連れて、大勢で初日の舞台を観てくださいます!東京からも京都からも、大勢お越し下さいます。皆様のご期待にそえるよう、頑張って舞台を勤めさせていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

初日おめでとうございます

今日は綺麗どころもご観劇なのですね。
華やかでいいですね♪
チケットとれなかった方にはお気の毒ですが大入で幸先のよいスタートなによりです。
台風も気になりますが道中お気をつけて!
まずは本日楽しみにしております♪

初日おめでとうございます。
素敵なお写真を拝見するとますます観劇が楽しみになりました。
まだまだ暑い日が続きますが千穐楽まで頑張ってくださいませ。

初日おめでとうございます

今回の巡業は横須賀だけでなく、チケットが取りにくかったので楽しみも一入です。
横須賀に行かれた方から報告が入り、初日から力の入ったお芝居で素晴らしかったとメールが先ほどきました。

明日は大丈夫でしょうが、2日の三重県から大阪への移動は台風も予想されています。どうぞお気をつけてお帰り下さいませ、大阪でお待ちしています。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム