公演決定!

台風の影響で、公演が危ぶまれていた岸和田、いま開演する連絡がありました!皆様のお気持ちが通じたのです(^O^)張り切って舞台を勤めます。宜しくお願いいたします!秀太郎

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして!

松嶋屋さんのフアンです。よろしくお願いいたします。
今回の巡業は東京だけの観劇なので寂しくてブログで各地の雰囲気を感じさせていただいております。
今日の浪切ホールの公演は知り合いの方々が楽しみにしていらしたので開催でよかったです。
秀太郎丈の対応の速さに感激して投稿してしまいました!

7月松竹座の万野は憎さ満々で惚れちゃいました。他のかたの万野は受け入れられません!
すし屋早く拝見したいです。
台風心配ですが権太と小せんの圧倒的な底力で風雨おいはらってください!

楽しみです

はじめまして。いつもブログと舞台を楽しく拝見しております。
交通機関を心配しておりましたが大丈夫とのこと、ほっといたしました。
私も明日の神戸公演を観に、今夜東京を出発します。
自分の故郷の神戸で松嶋屋さんを観たいのです!
まだまだ残暑と雨でハードな巡業ですが頑張ってください!

拝見しました

やっぱり本花道あるとええですわ。
天候もまだそんなにひどくないし実施でよかったです!

ありがとうございました

岸和田、浪切りホールの公演、昨夜からはらはらしながら「どうか開催されますように」と願ってましたが、念願かない昼夜共に観劇できました。
役者さん達もよく演じて下さいました。感謝感謝です。

愛之助さんは本当に五郎ものが良くお似合いで、力強さと躍動感はどなたの五郎ものより素晴らしいと思います。

「鮨屋」、当代初演の金丸座の権太から松竹座、歌舞伎座、一昨年の東回りと随分と変わり、松嶋屋の「鮨屋」は人情味タップリ、そして歌舞伎初心者でも良く分かるお芝居になりました。親子の情愛、忠義の色がより鮮明な「鮨屋」は何度見ても泣かされます。次も楽しみにしております。移動日の少ない巡業ですので、どうぞお体大切にお勤め下さい。本当にありがとうございました。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム