丸亀をあとに…




久しぶりに四国の特急列車「南風」に乗って、丸亀から高知の中村に向かっています。明日は中村からバスで一時間かけて宿毛市へ行き、そこで公演しますが、その宿毛で興行がかかるのは大変珍しく、今回の公演ではチケット発売と同時に即売り切れたそうです。ご当地の皆さんがとても楽しみにして下さっていると思うと、いっそう気合いが入ります!話が先行しましたが、今日の丸亀も大入りで、とても良いお客様でした。金比羅からも町長はじめ金丸座の関係方々も、大勢来て下さいました。列車はよく揺れて、今琴平駅に停車しました。駅々の名が懐かしく、父との旅を思い出しています。

コメントの投稿

非公開コメント

困っているんです

広島も波切も刈谷も、Ticket空席なし。
ハテサテ どこで
おはまさまを拝見できるやら(泣)

旅日記…

楽しく拝見しております。
確かに高知県での歌舞伎公演って凄くめずらしかもしれませんね。公文協のコ-スにはいつも入ってないですし…。
今月の巡業は全国回るハ-ドスケジュ-ルですね。でも普段生の歌舞伎をご覧になれない方が大勢楽しみにされているのでしょうから大変でしょうけれどもお身体にお気をつけてお元気でお務め下さいませ。

BLOG楽しみに拝見

時刻表を見なければ収まらず(笑)UPの時刻から[南風17号]かな?と。
中村とやら迄、3時間半 うわ~お大変。
秀太郎さんは、車中おやすみになれる方かな?

四国南端宿毛 のかた達 本当に、待ち兼ねていらっしゃるでしょうね。
先程、梅川をほんの少し、離れ座敷の可愛い梅川に会えました(^^)v

楽しませております

とても過密な巡業、お元気嬉しいです。

お旅先の看板の写真
上置 が そのままドーンと上置…楽しく思わず拍手 『松嶋やー』

ご無理なきよう、御身お大切に。

うどん屋で

片岡秀太郎様
私は、丸亀市内に住む石川と申します。
丸亀市民会館での公演を、拝見させて頂き大変素晴らしくて感動、号泣させていただきました。

その後、偶然にも丸亀駅近くのうどん屋で、お会いでき光栄でございました。

また、香川(うどん県)に帰って来て下さいませ!
おいしいうどんも、お待ち申し上げております。(^O^)/
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム