驚きました!



今日は高知県の宿毛市での公演、高知市の隣りくらいかと思っていたら、とんでもない、四国の最西端、高知市からずっと離れたところで、足摺岬の近所でした。この地で歌舞伎を公演するのは大変珍しく、チケット発売と同時に、あっという間に完売したそうで、今日の客席の熱気は異様なほどでした。芝居を食い入るように観てくださり、つねに心のこもった拍手を送ってくださいました。これだけ期待して下さっていたお客様が、とても喜んで下さっているのを実感し、心を込めて舞台を勤め、爽やかな気持ちで京都に向かっています。本来ですと四国の特急南風で岡山着、岡山から新幹線で広島入り。明日は休演日で自由行動なのですが、私は岡山から京都に向かい、明日は京都アルティの「平家物語の夕べ」を鑑賞してから広島入りします。それにしても宿毛市から中村駅までタクシーで40分くらい、中村駅から岡山まで、グリーン車の無い、二輛編成の特急で4時間半…、かなりきついです。でも明日一日リフレッシュして、また元気に旅を続けます。

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました

片岡秀太郎 様

今日の公演、お疲れさまでした。
四国最果ての地、宿毛までお越しいただきありがとうございました。

友人共々歌舞伎初体験でしたが、とても楽しく感動致しました。
田舎なものですから、観劇のマナーも怪しく演者の方々が不快な思いをされていたら申し訳ありません。

移動にかなりの時間を要する土地ですが、またの機会がありましたら是非いらして下さい。

この感動は伝えきれませんが、
本当に素晴らしい舞台を見せていただき、ありがとうございました。

感動!

今日の秀太郎さんのお話 chikaさま早速のコメント なんか、とても感動してしまいました。

いいお話聞かせて頂き有難うございました。

これを機に、歌舞伎の巡業が増えるといいですね。

巡業の醍醐味って感じですね

遠いんですね宿毛市…。
タクシー40分とは…メ-タ-がきになっちゃう小市民です。
ご覧になったchika様のコメントにもなんだかよそながら嬉しくなってしまいます。
素敵な公演だったことでしょうね。
遠路の移動お疲れ様ですが京都でリフレッシュなさって下さい♪
もうさすがに台風はきませんでしょうけど道中お気をつけ下さいませ。

初体験?

二輌連結で一輌の半分だけが指定席の特急でしょうか?
green車の無い特急も珍しい。

松嶋屋さん初体験の巻ですね。

男性からみましても、松嶋屋さんは、なんともお可愛ゆらしいです。

遅ればせながら・・・

私もchikaさまのコメントに新鮮な喜びを感じました。
遠くまでお出かけになって素晴らしい感動を共有されたのですね。

京都でほ~っと一息良い時を過ごされたようで何よりです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム