八戸で…



めでたく千穐楽の舞台を勤めました。観て下さった方、ご覧になれない乍も、エールを送って下さった方、本当にありがとうございました。今回の巡業は、ほんと寄り合い所帯の小一座でしたが、それぞれの役者が、充分に実力を発揮して、多くの観客に感動を与えました。ハードなコースでしたが、怪我人、病人もなく、役者スタッフ七十一名、一座全員、元気に仲良く、素敵な千穐楽を迎える事ができました。東京荒川で初日を明け、翌日はすぐに四国へ飛び、五日には四国の最西端の高知県の端の宿毛市にも行きました。宿毛市での歌舞伎公演は大変珍しいそうで、超満員のお客様が、芝居をとても楽しんで下さっているのを肌に感じ、心を込めて舞台を勤めました。あと中国、山陰から大阪の岸和田。中部から北陸、新宿、甲信越。北海道から東北と、多くの地で舞台を勤めさせていただきました。獅童を初め一座全員、最後まで、一日一日の舞台を大切に勤め、今日晴れやかな気持ちで千穐楽を迎える事が出来、本当に良かったと思っております。三十年振りに共演した獅童君、「良い役者」に成長していました。嬉しかったです。また一緒に芝居をしたいね!

コメントの投稿

非公開コメント

千穐楽おめでとうございます

心から「お疲れ様でした」と申し上げます。
11月の巡業は9月の時よりも、四国から北海道までの強行軍で、おまけに寒い中、本当に大変でしたね。でもお元気で千穐楽を迎えられ、ほっとしています。若い役者さんを率いて、先輩としての責任も全うされてご苦労様でした。
今回は私は一か所しか行かれず、それ故コメントも遠慮していて申し訳なかったのですが、秀太郎丈のブログで一緒に旅をしている気分で本当に楽しかったです。旅先のリアルな写真と、おはまの写真がふんだんにあって素敵でした。
昨日は南座にまねきの上がったニュースで、心は京に飛びます。お疲れを癒すいとまもなく、朝一からで大変でしょうが、お体ご自愛の上、頑張ってください。

本当におめでとうございます

 今日は、天候もよく、よろしゅうございました。

 今頃は、ご帰阪の真っ最中かな。

 飛行機だろうかな? とか そんなことも楽しんでおります。

 
 いよいよ顔見世!  

 初めて拝見の  真柴久吉  せりあがってらっしゃる・・・

  綺麗でしょうねぇ    ワクワク  (^^♪ です。

 





 

千秋楽おめでとうございます

お疲れ様でした。今回の巡業は移動がたいへんでしたね。
しかし皆様体調を崩さず楽をお迎えになり本当に良かったです。
直ぐに南座の顔見世のお稽古、チケットを用意してワクワクしております。幕あきは小林朝比奈、大磯虎や化粧坂少将は拝見しましたが、吉弥さんに壱太郎君上方役者の「対面」ですね。

しかし、獅童さんとは30年ぶりの共演ですか?子役時代以来なんですね。御子息がよく共演されてますので、もっと機会があったかと思いましたが。

千穐楽おめでとうございます!

2回も同じことを言って・・と思いつつ、本当におめでとうございます!!

縦長の日本を縦横に歌舞伎の巡業、見たくてもなかなか見られない方々が
本当に楽しまれたようで素晴らしいです。
疲れたなどと言う間もなく南座へでしょうか?お疲れ様です。

いつもお写真、本当にありがとうございます。獅童さんとのツーショット
いいですねえ!可愛いおじ様(特にお帽子)とギャングなお兄さんの
映画ができそうです。(妄想~)

秀太郎さまのブログは温かくて癒されます。

ご健康をお祈りいたしております。



プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム