21日

今日も晴天、良い一日でした。二月興行もあと5日間、頑張ります!

コメントの投稿

非公開コメント

ワン プラス ピョ~ン イコールかぁ? コン!

なんどす?このタイトル あんさんしか思いつかはらしまへんやろ、こんなアホなこと。

旨味処「はり甚」の奥座敷にて、松竹座帰り、おかみにおこられつつ
あ、前から誰かに似てる似てると思うてたけど、せや、おかみって竹(三郎)ちゃんにそっくりやん!

2回目やと、ゆっくり見れます。朝飯においなりさん(昼の部見た人はここで笑えます)ホンマどす、
チンしてすぐ食べれる、巻き寿司はチン難しい、何の話や、こういうこと言うてるからおこられるんやろな。
前回はたまたまバレンタインデー、満を持して詰め掛けたお人が多くて受けに受けまくり。
笑い声と拍手でセリフが聞き取りにくいほど。観客も芝居の大事な一部やと実感できた一日でした。
今日は、ちょい静かどしたな、遠くからの団体さんが多かったみたい、歌舞伎やいうだけで緊張してはるのか、歌舞伎で笑っては叱られると堪えてはったか、我慢は体に悪いでっせ。
終わり頃やっと盛り上がり…
ノー掛け声。珍しおっしゃろ、けったいでっせ。役者さんも、ちとやりにくそう、間ァがね… それでか、ちょこちょこトチッてはるとこも…こんなんでも笑えるから2回目は面白い、意地悪ジンジャー
小春ちゃんは元気一杯。幸次郎をいじるトコ、言葉おかしおすえ、やったと確認。今日ははっきり聞き取れたワン。
カーテンコールで思わず瞠目、茶色の長いお耳と尻尾が!生えてる!
アンタ、キツネはんやったん!?  キツネ 哺乳類食肉目イヌ科の動物
(獅童ちゃんの家老風に)バレンタインイベントのマスコットガール(ボーイやったね、メンゴ)だったしィ、お耳の内側ピンクだしィ、ああいう時は通常バニーちゃんじゃン、てっきりバニー狆かと… 
にしては尻尾はイヌ科、はて、面妖な、と思ってはいたわけ、ハハハ、こりゃキツネにつままれましたかな?
14日のカーテンコールの時は狆のままやった、受けたんで続けてるんとちゃう?と、連れは証言してますが、なんせ、大笑いと笑いすぎで涙が出た眼で見て、ネジのゆるんだ脳ミソで処理した情報でっさかいなあ。
ま、なんにせよ、おいなりさんだけあって、なんにでも上手いこと化けはりますわ。
でもって、狆+バニー≒お狐さま  チャンチャン!

昨年の

「旅日記」
の中の、弟君とのツーショット、とてもよかったです。

秀太郎さんの、黒縁眼鏡とサスペンダー、 仁左さんポロシャツ ほのぼのとさせて頂きました。
口上姿のツーショット
お撮り頂ける時間があれば…仁左さんファンも、皆さん喜ばれましょう。
顔見世 盛綱陣屋でのお顔合わせ 希望です。言いだしたら、あれもこれもで、きりないですが…。

ブログ楽しみに・・・

夜な夜なブログ拝見してはほっこりしております。

秀太郎さんのOFFのお写真拝見するにつけ
サスペンダーがお似合いだなと思っておりましたv-238
女心をくすぐるキャラクター(想像☆)に加え、ルックスをひときわe-29させているアイテムなのだと思います☆

ONは女で
OFFは女心をくすぐる方

・・・なのでしょうね。

まったくもって欲張りですねー^^

がむしゃらな毎日ですが・・・、
やはりもう少し服装やらアイテムにも気遣うべし!!
と反省&奮起しつつ・・・夜中の書き込みさせていただきました☆

松竹座も残り少なくなりました

お昼の部も後1回しか見れないですが、一番嬉しいのは千壽郎さんの成長と抜擢です。「伏見の富くじ」の幕開け、神主での登場で染五郎さんとの掛け合いの間の良い事(^◇^)
狆の小春でも芝居感の良さを見せてくれました。
「なごみ会」で踊られても一番目立ってました。去年の上方歌舞伎会での「傾城反魂香」でのお徳も良かった。今年も上方歌舞伎会が楽しみです。
秀太郎丈、お鼻がどんどん高くなりますね。全く素人のお家出身の愛之助さんを座頭役者の育てられ、千壽郎さんが上方歌舞伎の女形として他のお家からもひっぱりだこの役者さんに育てられたのですから。

ベテラン光る

寒い頃はおもろいのに限りますな。爆笑に次ぐ爆笑でカラダが温もります。
丸橋忠弥の大熱演にも胸が熱くなり、男の友情に泣けました。錦之介を彷彿とさせる獅童君の大立ち回り、久しぶりにチャンバラを見た気分になりました。
嬉しいのが、竹三郎さんの大活躍。若い連中に混ざっても、年齢差を全然感じさせない秘訣は何ぞ?武家の妻女の品位と遣り手の愛嬌とふてぶてしさ、見事です。こういう方が脇をしっかり固めてくれるので、安心して観られました。先月の藤十郎さんの踊りっぷりと合わせて、シニアの星。あやかりたやあやかりたや。
秀太郎丈なぞまだまだ若手、ますますのご活躍を。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム