我が師…

京屋(雀右衛門)の兄さんがお亡くなりなりました。私がもっとも尊敬した、師と仰ぐお方です。兄さんとの思い出は、私の気持ちが落ち着き次第、少しずつお話しさせていただきます。今はただご冥福を祈るばかりです、「有り難う御座いました!どうぞ安らかに…」

コメントの投稿

非公開コメント

ご冥福をお祈りします

ニュースで知ってショックでした。
歌舞伎座建て替え中にまたしても名優がと。
友右衛門さん時代関西歌舞伎にいらっしゃったから身近く接してこられたのでしょうね。
私が歌舞伎にはまったころにはもう70を越えてらしたかも…ですが革パンツでバイクに乗って颯爽と帰って行かれるお姿に驚嘆いたしました。
舞台では相模や葛の葉や大老のお静の方や松山太夫等印象に残っているものが沢山です。
色気があって女の可愛さがあって踊りもよくて素晴らしい女形さんでした。
亡くなった母が学生時代映画の佐々木小次郎にぞっこんだったと知って美しい女形さんのイメ-ジしかないのでびっくりしたものです。
合掌

悲しいです

ご高齢ではありましたが、舞台をお休みなさっても、長生きしていただきたかったですね。
女形としての師とおっしゃっておられた秀太郎丈におかれては、どんなにかお悲しみのことでしょう。また現仁左衛門丈の相手役もたくさんなさって、とてもお年に見えない若々しい舞台をいくつも見せていただきました。舞踊でも実に情趣に満ちた素敵なお姿を思い出します。
ご冥福をお祈り申し上げます。

ご冥福をお祈り申し上げます

雀右衛門丈のご逝去とても心もとなく、寂しく思います。
楚々として艶なり、舞台に華が咲くようでそこはかとない色香が
漂うようでした。いつまでも拝見したかったと思いました。

師と仰ぐ方をなくされたお心は計り知れませんが、多くのことを
受け継いでいらっしゃることは秀太郎丈のお宝として生きて
いくものと思います。

寂しいですね

雀右衛門丈のお姿が見れなくなってから2年ですか?
大阪の歌舞伎座に出演されていたと思います。大阪城でお祭りがあった時に13代目や友右衛門さんが出演されていたのを微かに覚えています。
上方にゆかりの役者さんが亡くなられるのは本当に寂しい。
「熊谷陣屋」の相模が私が見せて頂いた最後の舞台でした。

ジャッキーさま

今もバイクかっ飛ばしていらっしゃいます? 少し遠くまで来すぎたかな、と苦笑い…
HDDに録ってあった「二人椀久」で、お姿偲んでおります。
いつもシャキッと、そしてたおやか、素敵なお方です。寡聞にして、世話物を拝見出来なかったのが残念です。きっとお茶目でチャーミングで溌剌としていらしたことでしょう。
映像にも、観る者の心にも楽しい思い出を残して下さる、役者さんって本当にイイお仕事、うらやましゅうございます。
これからも、せっせと劇場に足を運び、マイ心のライブラリーを増やしていくことをお約束して、お送りの言葉とさせていただきます。

朝日新聞夕刊

今夕の朝日に、
《 上方のをんな》 のご本をお持ちの、いいお写真、記事が大きく出ています。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム