久しぶりに…


久しぶりに良いお天気でしたが、風が強かったです。昨日から今日未明にかけて、二度地震がありました。昨夜九時過ぎの地震のおりは、ホテルの和食堂で食事中、携帯電話からの警報と同時に揺れを感じましたが、そのまま食事を続けました。夜中の地震は就眠中で気付かずにいました。今日になって皆さまからお見舞いを頂きましたが、私はなぜか地震がこわくないのです。あの阪神淡路大震災のおりも、家内が「パパ、地震地震!!」と騒ぐのを「寝てなさい…」と云って眠り続けました。あの時お腹にいた娘も今年高校三年生、来年は大学生です。時の流れの速さについていけなくなります。私の若い三人の弟子達は役者になって十数年になりますが、すでに父の仁左衛門を知りません。でもそれぞれに父を尊敬して、松嶋屋を愛してくれています。とにもかくにも、一日一日の舞台を大切に、末永く頑張りたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

今朝未明にも揺れましたね

寝ていたのですが起きちゃいました。
阪神淡路のあの揺れで寝ていることがおできになるとは…。あの日は物が落ちてきたりして大変でした。中座での翫雀さん扇雀さんの襲名披露公演中でした。もうそんなに年月が過ぎたんですね。今朝の揺れは時間帯が未明と一緒だったので阪神淡路を思い出してしまいました。

千壽郎さんとのお写真有難うございます!
今月は犬じゃないんですね…(当たり前ですが)

地震こわいです~

このところまた地震が多くドキドキします。
何事にも腹の座った人になりたいものと・・・。
今生きていることを大切にと自分を諭す日々です。

お写真を見てほっといたします。

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム