千穐楽



おかげさまで、めでたく千秋楽を迎えました。皆様のご観劇、ご支援本当にありがとうございました。作品の面白さと仁左衛門人気で、国立劇場の広い客席が、連日大入りの盛況でした。殊に仁左衛門ファンの方は一興行に何度もご覧になるかたが沢山いらっしゃるようです。来月は愛之助と二人で演舞場に出演します。「女殺し油地獄」、福助さん、歌六さんと力を合わせ、良い舞台にしますので、ご観劇のほど、宜しくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてコメントさせていただきます。
毎回楽しくブログ読ませていただいております。

昨年、地震の翌日にチケットをとっておりましたが、残念なことに公演中止。悔しい思いをしていたところ、昨日やっと観に行くことが出来ました。仁左衛門さんファンの私ですが、なんて嫌な男なんだろうと見ていて腹がたってしまいましたよ! それだけ役に魅せられてしまったということですよね(笑)

お道は本当に色っぽくて、心の優しいいい女だな~と思いました。
いつも秀太郎さんの演じられる女性は艶っぽくて、品がよくて、優しさにあふれているようで、あこがれます。

今月の舞台で気になったのは、お道さんが風呂敷包みを置いていってしまって、うんざりお松が着ることになるあの着物。あれは置いていってしまってもあとでお道さんが困らないのかしら・・・なんてくだらないこと考えながら見てしまいました。

でも悪の美というか、面白い舞台でした。
またどこかで見られたらいいなと思います。

松嶋屋さんの皆さんが東京で勢ぞろいでおやりになる舞台をみたいと願っております。

お身体に気を付けて、益々素敵な舞台を魅せて下さい。

千穐楽おめでとうございます

だって面白いし松嶋屋さんファンにはとってもお買い得なんですもの~何度も足を運びました♪

お道さんの断末魔のお手と大学様の断末魔のお手に共通点もあってご兄弟だわぁと思った本日でした。やっぱり苦しむときって宙を掴むのでしょうね。

殺しの連続に拍手喝采で自分の人格を疑ってしまいますが南北さんの時代から今日に至るまで人間の奥底にこういう「悪」への憧れがあるのかもしれませんね。

来月の油地獄も楽しみです。愛之助さんと秀太郎さん親子で親子役、ありそうであんまりないので楽しみにしております♪

再演に感謝

昨年、大学之助・太平次に感じた優しさも消え、
お道さんも最後まで、それを引き出させる事が無かったので、
圧巻です。
おわたさんの涙と、お道さんの一刺しが印象的でした。
よくよく考えると酷い話を後味好く、
心に残る舞台として観劇できて幸せです。
生涯忘れません。

※ロビーに掲示されていた仙台公演も、
様々な人々の心の糧となると確信しています。

ありがとうございました。

千穐楽おめでとうございました。
素晴らしい、そして
、心に残る舞台でした。
皆さま、適材適所のお役でしたね。
いよいよ来月は、待ちに待った、愛之助さんとの「女殺油地獄」ですね。
楽しみにしております。

千穐楽おめでとうございます!

冷酷非道な主人公二役仁左衛門丈の大熱演と、秀太郎丈はじめ松嶋屋の
皆様のご活躍と、ほかの皆様の熱演がプラスプラスの効果で、凄惨な
場面続きなのに拍手拍手でした。
帰宅しても、とてもいいお芝居を見せてもらったなあと嬉しさと、
終わってしまった寂しさを感じております。

断末魔の苦しみは空を掴むような形が印象にのこりました。
今日のお道さんの半襟、紫に見えました。眼か弱っているので?ですが。
5月の愛之助さんと親子としての共演楽しみにしております。

お疲れさまでした!

千穐楽おめでとうございます

うかつにも楽に携帯を忘れて行ってしまったので、おめでとうございますを申し上げるのが、日にちが変わってからになってしまい、すみません。
膝を痛めて今月は三回しか上京できませんでしたが、磨き抜かれた到達点の楽の舞台を見納めさせていただき、満足しています。
出ずっぱりの仁左衛門さん、それに引き換え、もっともっと見ていたかった秀太郎丈。
太平次は与兵衛のつもりでお道さんを刺してしまい、髪を掴み踏みつけるものの、yさんも言うように自分で直接手を下さないのが救われます。が、花道をたっぷり引っ込む太平次を見たいし、本舞台にいるお道さんも見ていたいし、困りました。それから大学之助や太平次が残忍な殺しをした瞬間や、空を掴む断末魔には、手の痛いほど拍手するのに、お道さんが仁三郎さんと刺し違えて空を掴む姿は、格好いいけど、気の毒で気の毒で、とても拍手して喜ぶ気分にならないのが、似て非なるところですね。その代わり、お道さんが舞台に現れた瞬間の満場の喝采の凄さ!!
茶店のおかみさんのときには着物の右前身頃の裾をちょっと短めに着て凛々しく、立場の場面で二度、左の裾を持ち上げてる姿がとても格好良かったです。

千穐楽おめでとうございます

私も初めてお便りいたします。
いつも楽しくブログを読んで癒されております。
私も昨年三月後半にに国立劇場で観劇する予定でしたが、残念な思いをした一人です。 昨年はまさか一年後に再演していただけるとは思いませんでしたので、今月初めにやっと観劇でき、大変嬉しく思いました。 その後は、このお芝居の余韻とブログでの公演情報を日々楽しみ、仕事のモチベーションを保つことができました。 素晴しい舞台に心より感謝いたします。

来月は新橋演舞場での「女殺し油地獄」を楽しみにしております。
どうぞお体大切にお過ごしくださいませ。

いいなぁ

国立滑り込みでしたが、二日拝見出来、本当に嬉しかったです。

ふと江戸の地でも、松竹座で観劇した『伊勢音頭』の相の山から奥庭まで、 上演されれば…と。

芝居の楽しさ倍増ではないかと思いました。

秀太郎さんは、綺麗だし、うまいし 大好きです。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム