都をどり

千穐楽は大阪の御贔屓が、京都宮川町の綺麗どころと観に来て下さり、夜は銀座で楽しく過ごさせて頂きましました。銀座の「麻衣子」や「グレ」、それに「ファーストクラブ」の皆さんは良く歌舞伎を観てくれて、今月の国立劇場も何度も観てくれている人もあり、いろいろ感想を聞かせてくれたり、とにかく「芝居好き」が多いのでお店に行っても楽しいです!昨日、二十四日は朝の新幹線で一旦帰宅、午後から京都に向かい、御贔屓さんの率いる北野上七軒の綺麗どころと都をどりを鑑賞、終演後は祇園一力さんでの楽しい宴、その後、先斗町、宮川町と、一日の内に四花街の皆さんに会う事が出来、床につく頃、空が明るくなっていました。今日二十五日は家族デー。夕方から嵯峨の実家を訪ね姉妹にも会い、楽しく夕餉の時を過ごしました。明日から東京に帰り五月興行のお稽古。リフレッシュもされて、元気に五月興行を迎えます!

コメントの投稿

非公開コメント

リフレッシュ

二日間のお休みでリフレッシュされてなによりです。
もう来月のお稽古ですか。
いつものことながら頭が下がります。
さ来月の優先予約も始まり次から次へとこちらも忙しいですが楽しみ続々です♪
まずは来月の油地獄楽しみにしております。

♪ ♪ ♪

秀太郎さんの楽しいBLOG読んで、
秀太郎さんは牛若丸か!!
と 思った♪



ラララ~ラ♪

♪さん~まったく同感!!

パワー少しでもいただきます!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム