楽しかったです!



しっかり充電して東京に帰り、無事に「油地獄」の稽古を済ませました。久しぶりに「蜂の家」のカレーライスを食べましたが、やっぱり美味しかったです!店を出ると隣が歌舞伎座。だいぶ形が出来て来ました!もう一年もしない内に開場式…、月日が経つのが速いこと! 時の流れに付き合って、老化しないように気をつけます(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

歌舞伎座

私も今日前を通りました!
昭和通り側からみるとビル部分にはもう窓ガラス入ってたりして着々と建築すすんでるなと眺めてました。
いよいよ来年四月ですね!
今年は国立で自分の誕生日を祝いましたが来年は新装なった歌舞伎座で祝うことが出来そうです(^O^)
注)松嶋屋さんご出演に限る…という感じではありますが…
最初の月はさよなら公演最終月同様大幹部さん総出演なのでしょうか…。
さよなら公演にご縁のなかった愛之助さんにも新しい歌舞伎座にはせっせとご出演願いたいものです。
来月は中日過ぎのチケットをとったのでしばらくお預けですが楽しみにしております。

元気一杯の秀太郎さん故老け込むお暇などございますまいと安心しておりま~す(^O^)/

来年4月開場~!

歌舞伎座来年四月開場とはもう一年後なのですね。
歌舞伎座がお休みになって銀座に出かける回数が
ぐっと少なくなりました。
本当に時の流れに置いて行かれるようです。
お芝居を観たりブログを拝見したりして歳を忘れて
生きたいと思います。

絵空事ですが、生まれ変わっても歌舞伎役者さんや祇園の
綺麗どころにはなれそうにないですが、銀座のクラブのママには
なってみたいものです。(生まれ変わってもやはり無理~)
(「麻衣子」や「グレ」男性だったら覗いてみたい!)
お芝居の話でなくて・・・(*^_^*)
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム