南座は休演日


演舞場は活気に充ちた舞台が続いています。私も久々の「赤姫」で、素人じみた事を云うようですが、衣装鬘も重く、仕草も若々しくないといけないので、かなり体調が不安でしたが、いざ舞台に立っていると、そんな不安も吹き飛び、元気に毎日の舞台を勤めています。新・猿之助さんのオーラにあやかったのかも知れません。今日で八日、公演の三分の一近くを終えましたが、愛之助が出ている京都の南座は今日十二日は休演日で、愛之助が演舞場に来てくれました。「舞台を双眼鏡で観ていましたが、元気なので安心しました」と「父の日」のプレゼントを「少し早いのですが、手渡したかったので…」と言ってくれました!嬉しかったです(^O^)そう言えは先月「母の日」には私の娘役の米吉君がプレゼントをくれました。一人の人間が「母の日」と「父の日」にプレゼントを貰う人は、そう、ざらにはいないでしょう。これは女形の役得かも知れません!

コメントの投稿

非公開コメント

楽しい

BLOG楽しく読ませて頂いてます。

今日の『父の日』「母の日」のお話、本当に そうですねぇ

楽しいお話、こちらもニコニコです。

お母様とお父様

とても嬉しく温かくほほえましいお話ですね。そして本番の父の日にはきっとお嬢様からも。
今月演舞場に伺えませんが、今日は博多座で、米吉君の舞台を見ながら、おさわお母様に有難うね、と心の中で呟きました。女形さんならではの幸せと言っても、母の日の5月に母親役であったという幸せ。これも秀太郎丈のご運の強さだとお喜び申し上げます。

愛之助さん

休演日に駆け付けはるとは親孝行ですね!
来月は先月に続いてのご共演が嬉しく楽しみです。
確かに母の日にプレゼント頂ける男性はあまりいないでしょうね…。女形さんならではの特権ですね!

素敵な親子さま!!

本当に幸せな情景にニッコリほろりといたしました。
皆様のお互いを思うこころに教えられます。

いよいよ14日に私も双眼鏡で拝見させていただきます!
たのしみ~~!!

素敵なお話

微笑ましい、ほっこりするお話ですね。
こちら迄嬉しい気持ちになりました。
プレゼントは何でしょうか?(^w^)
南座の舞台、拝見致しました。
愛之助さん、頑張っていらっしゃいましたよ。
静御前、お綺麗ですね。

母の日と父の日

思わず笑ってしまいました♪

でも 一人の人が母の日と父の日にプレゼントをもらうことなんて普通はあり得ませんよね!!


また 愛之助さんも貴重な休みにわざわざプレゼントを持って来てくれるなんて 嬉しさ倍増ですね!!


失礼ながら 思わず可愛い!!って思ってしまいました♪♪


いろんな役者さんから大事に思われるのは
秀太郎さんがみんなを大事にしていらして
また与えられた役に真摯に向き合い工夫を凝らしていらっしゃる姿を 認め分かってくださる人がたくさんいるということですね!!


そんな役者さんを贔屓に思っている私までなんか自慢したくなりました♪♪♪


松嶋屋万歳\(^-^)/です(笑)



素敵なお姿を見せて頂きありがとうございます。父の日と母の日、どちらもにプレゼントされるなんて、ほんまに女形の特権としかいえませんね( ´ ▽ ` )ノ 素敵な父の秀太郎さんに、愛之助さんの心がいっぱい詰まったプレゼント…ファンとして心がほっこりしました(#^.^#)
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム