横浜公演



一昨日国立劇場を打ち上げ、二月から半年、ずっと滞在していた半蔵門のホテル・グランドアーク。フロントやレストランの皆さん、家族のように良くして下さったので、いざチェックアウトとなると寂しかったです。で、横浜はコンチネンタルホテルに滞在しています。でも昨日二十五日は公演がお休みだったので、二十四日の終演後、友人に誘われるまま久しぶりに京都に行き、祇園祭の後まつりの夜を存分に楽しみ、二十五日は午後横浜にチェックイン、夕方、ご贔屓にお迎え頂き東京へ出て東京のご贔屓と合流し、銀座の夜を楽しませて頂きました。したがって、今日はとっても元気に舞台を勤めることが出来ました。今日も大入り満員でしたが、学生さんは少なく大人のお客様で、歌舞伎好きな方が多いらしく素敵な観客でした!今夜は今からお迎えをうけ、横浜の中華街でお食事を頂きます、ほんと幸せなる日々を送らせていただいてます!明日は七月公演の千秋楽、頑張って有終の美をかざります。

コメントの投稿

非公開コメント

楽の

『どっこい賞』なんて!何と洒落た賞!
秀太郎さんの鮮やかなユーモアに感服。
巻絹 の受賞のポーズに、ひとり愉快を噛み締めました。
秀太郎さん 最高!!
楽しゅうございます。
携帯でお写真見た瞬間は、鷺?と思ってしまった私スコシヘン。

あわてすぎ


  汗汗汗

  あまりにも「どっこい賞」がたのしすぎ

  勝手に、ドラマをつくってしまっつてました。


  りき弥さんでした  あ_あ_

長らくの関東暮らし

お疲れ様でした。
やっと大阪に戻られるのですね。
9月までは関西でしょうか。地元のご贔屓さんお喜びでしょうね。

一番下のお写真海に浮かぶ建物は何でしょう??

横浜公演も千穐楽でしたね!大阪松竹座のご兄弟もお元気に千穐楽をお迎えでいらっしゃいました。ご兄弟お揃いでのご指導の上方歌舞伎会の季節となりましたね。今年もご指導の成果を楽しみにしております。

どっこい賞☆

美しいお写真の数々、ありがとうございました!

「どっこい賞」
夜中にひとり、大変ウケてしまいましたv-354
どこかで使わせていただきます☆
しかし・・
若くて美しいお役がかえって違和感を感じさせないという・・・
きばって若くしている!!という風に見えない!!
という点では「どっこい賞」は秀太郎さんには該当しないかなと・・・。

8月は関西でお過ごしの日が多いのでしょうか。
京都でご公演なさるご予定もあるとか・・・。
美女ではなく、美男子でのご登場!!
とっても楽しみにしております!!

半年も東京でホテル・・・

本当にお疲れ様でした。
ホテルは快適な空間ですが、ご家庭でのくつろぎは、また
一段のことと思います。日々のお食事はご家庭やご実家の
ご飯が一番、ほっと一息でしょうか・・・
どのような環境でもまわりの方々に感謝される秀太郎さまは
とても素敵で、見習いたいです。
今月も素敵なお写真(お背中も)の数々、ウィットに満ちたBlogを
楽しませていただきました。ありがとうございました!

猛暑日の折、お体に気を付けてお過ごしくださいませ。


プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム