酷暑お見舞い申します








七月公演「歌舞伎鑑賞教室」、二十四日の国立劇場千秋楽のあと、二十六、七日の横浜公演を勤め、二十七日の夜、久しぶりに大阪に帰りました。今回の東京公演、二月から七月までの半年間、多くの方々に支えられ、各月々違う役柄、若い役、女房、後家、老役の役やくを楽しく勤めることが出来ました。何よりも一日一日、元気に舞台を勤められたことが有り難いことです。皆さまからの投稿がとっても力になりました、有難うございました。三十日から上方歌舞伎会の稽古を始めます。今年の歌舞伎会は例年よりも一週間ほど早いのですが、十八、九日には「坂東薪車の会」があり、千志郎千壽郎を始め松嶋屋一門が多く参加しているので、そのお稽古もあり、お盆、トークショー、原稿依頼などがあり、あまり「のんびり」もできません。でもそれが元気の素かも知れません。京都の花街の浴衣会(踊りや笛の会)などもあり、三日からはお友達の桜乃彩音さんが池畑慎之介さんの四谷怪談のお梅で「新歌舞伎座」に出演、また「松尾歌舞伎塾」の文楽劇場での公演もあり、これも鑑賞したく、東
京演舞場の愛之助の公演は、ちょっと観るのは難しいと思います。でもそれは何とか無事に勤めてくれるとの「親バカ心」からだと思います。皆さま、この一連の公演、私は出演していませんが、宜しくお願い申しあげます。

コメントの投稿

非公開コメント

長い事お疲れ様でございました

ずっと東京公演でしたので、中々全ては見に行けませず、投稿も観劇された方のを拝見し、お元気な舞台を想像させて頂いておりました。お元気で東京での公演全て完走され嬉しく思います。
今年の8月は松嶋屋さんのお弟子さん達のお芝居が2回も見る事が出来るので非常に楽しみにしております。
上方歌舞伎会でのりき彌さんの梅川、薪車の会でも千壽郎さんの一文字屋お才、秀太郎丈の芸を彼らがどれだけ盗んでいるか?今からワクワクしてます。

八月もお忙しそうですね

若菜と巻絹美人姉妹のようで素敵です!
お小姓の千壽郎さんも可愛いです!
梅川とお才を師匠の秀太郎さんに習えるお二人は幸せですね。拝見するのをとっても楽しみにしております。
愛之助さん拝見は千穐楽付近になっちゃいますが拝見したらコメントいたしま~す。

もう明日からお稽古ですか…役者さんって大変ですね。
毎日暑いのでくれぐれもお体にはお気をつけ下さいませ。

酷暑のスケジュール~

暑中お見舞いという言葉が適さないような酷暑!

素敵なお写真を拝見していますと、不思議にいっとき
暑さを忘れてしまいます。写真の中にすっと引きこまれ
ます。
緩急自在の自然態でいらっしゃるのが、暑さの中の
風のようで心地いいです。

とはいえ暑さにはくれぐれもお気をつけてお過ごし
くださいませ。

嬉しくて

文楽の名人故竹澤弥七師匠のお嬢さんが、『四の切』の静御前を絶賛なさってたと、芝居友達からもれ聞き、嬉しくて嬉しくて!

酷暑お見舞い申し上げます

  
  じりじりと焼かれるような毎日ですが、秀太郎さんのブログで涼やかな風を感じさせてもらっています。8月も本当にお忙しいのですね。若手の勉強会は観せていただいてて気持ちがよく、また元気をもらえます。応援しておりますので、大変でしょうがご指導をがんばってください。7月の松竹座の「引窓」を観ていて、是非秀太郎さんのお早を拝見させてほしいと思いました。秋からのお芝居をまた楽しみにしております。どんなお役でも秀太郎さんがされると輝かしく見えてきて、芸の力をまざまざと見せつけられます。どうぞ、酷暑を乗り切られて2012年の後半も私達を楽しませてください。

伊勢音頭

毎日が猛暑日ですが、しばし暑さを忘れる記事に出会いました 文楽劇場の筋書に『伊勢音頭恋寝刃』の思い出あれこ…を語っておられます 文楽劇場に行かれたら筋書だけでもチョット得した感じですょ

今 上方歌舞伎会へ向け猛特訓中と思います。夏になると一番に思い出すのは
『とっとと いなしゃませ』
十三代目のご苦労を今、 ご子息が受継いでいらっしゃる。久しぶり
あの 映画 みたいなぁ。とりわけ
秀太郎さんの
刈屋姫との、
丞相名残 名舞台中の名舞台 みたい!!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム