送り火




平成二十四年、片岡家のお盆は無事終了しました。ご先祖様がお帰りになった後はや、不思議なことにやはり寂しいです。昨日のお便りで、私の後援会誌を「松の葉」とうちましたが「松のたより」の間違いでした。自分の後援会誌の名を間違えるとは、我ながら情けないです。

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

ご先祖様方もご満足されてお帰りになられたことでしょうね。
當十郎さんを筆頭に若いお弟子さん達も大勢参加されて芸だけでなくこういうお家の伝統も学んでいかれるんだなぁと頼もしい気持ちになります。
今日は五山の送り火で京都は賑わうことでしょうね。
薪車さんの会も明後日初日でお忙しいことでしょうね。楽しみにしております♪

温かい送り火

嵯峨のお家のお盆の様子を少しだけでも感じることができ
心が清々しくなりました。ありがとうございます。
大切に受け継ぎ、伝えていく中に思いがこもってくるように
感じました。ご家族やまわりの皆様が同じ思いでお迎えし、
お送りするということは素晴らしいです。
自分の生き方を顧みました。

まだまだ暑い日が続いております。お体にお気をつけて
おすごしくださいませ。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム