髭よ、さらば!





昨日(25日)は石切劔箭神社の季刊誌「いしきりさん」の取材で、久しぶりに石切劔箭神社にお詣りさせていただき、正式参拝の後インタビューをうけました。歌舞伎の話や子供の頃の話、父との「石切さん」の思い出など、およそ一時間半ほど話させていただきました。一旦自宅へ帰り、京都祇園町のお約束の前に、大阪中崎の能楽堂における「中村扇之丞の会」を観に行く予定でしたが、時間的に無理になり、残念ながら断念しました。今日は何が云いたいかと申しますと、「いしきりさん」の取材での写真撮影のため、上方歌舞伎会(10、11日)の後の「おやすみ」に入ってから伸ばしていた髭を剃ってしまい、今年の髭とは「さらばさらば」になってしまいました。そこで「髭」のあるときの写真と、剃ってからの写真を撮っておいたので見て下さい!ギンコさん「後ろ姿」は当分なさそうです(^O^)なお「季刊誌・いしきりさん」への掲載は十月号だそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

ハハハハハ[i:63899][i:63899][i:63899]

なんと可愛いお写真でしょうか
お髭の秀太郎さんと可愛いぬいぐるみ…。
あってるぅ!
二三年前かな 上方歌舞伎会でお髭の秀太郎さんをお見受けして、「似合う~」と思ってましたが、その後、お髭姿は国立文楽ではお見かけ出来ず残念に思っておりました。 お写真有難うございます。
『いしきり』一般人でも買えるのでしょうか?
楽しみ情報も、有難うございます。

なぜか?

わたしは、指名手配になってます

お髭

素敵ですね。
パンコチャンさんもおっしゃってますが以前上方歌舞伎会では鼻の下のお髭でとってもダンディでしたが今度のも素敵です~そして可愛いぬいぐるみとのツ-ショット…つい画像保存してしまいました。
「いしきりさん」秀太郎さんご出演劇場で売ってくれるといいのに…。
もうすぐ来月のお稽古も始まりますね
まだまだ残暑が厳しいですがくれぐれもお身体にはお気をつけ下さいませ。

可愛いです!

とても上品で可愛いです、それにメガネがマッチしています。
ぬいぐるみのお顔を見て和みました。

秀太郎さまの襟足から少し遠ざかっておりますが
素顔の優しい表情は、自分まで優しい表情に
なるような気がして嬉しいです。

暑さに負けそうな日々ですが、縫いぐるみとお髭と
メガネの写真に(取り合わせが気に入ってしまいました!)
元気をいただきました。
ありがとうございます!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム