女暫

今日三十日、無事に「初日通り舞台稽古」がおわり、明日はおやすみで、いよいよ明後日が初日です。今月の松竹座には大阪の役者のほとんどが参加、先日の「薪車の会」の出演者では、東京の市川猿弥君以外、竹三郎さん、吉弥さん、薪車さんに壱太郎君。上方歌舞伎塾生の卆塾生全員が出演するのでとても楽しいです。今年に入って松竹座での歌舞伎公演は実に五ヶ月だそうで、私の若い頃、一年間道頓堀で歌舞伎の幕が開かなかった、関西の歌舞伎衰退の時期には考えられなかった事です。これからも大事に舞台を勤め、皆で頑張って行きたいと思います!それにしても、私と薪車君、ずいぶん身長差がありますね~。ちなみに私の彼女役(紅梅姫)の薪悟君は、歌舞伎女方の最長身者、成田五郎の彌十郎さんが立役の最長身者。親子てソビエテいます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム