シアターコクーン



今日二十六日、愛之助が出ている渋谷のシアターコクーンの「影武者独眼竜」という芝居を観てきました。愛之助を初め皆さん元気に動き回り、とてもおもしろかったです!「動く劇画」を見るようで、ほとんどの出演者が俳優と云うよりスポーツ選手のように見え、「立ち回り」も中国の殺陣のようで、ダイナミックでした。音響もボリューム大で、台詞を云う人のすべての役者さん(女優さんも)が顔にマイクを付けていて、(宝塚もそうですが)最近こういう芝居が増え、色んな芝居があるものと、厭味でなく、とても勉強になりました!ただ音は聞こえても、「ツブ」がたたず、半分以上台詞がききとれませんでしたが、山崎銀之丞さん、有森也実さんの台詞は聞き取れました。とにかく皆さん元気で、満員の客席は大喜びでした。愛之助も力演(本人は結構「楽」なようですが…)で、色んな経験を積み、花も実もある「歌舞伎役者」になってほしいと願っています。

コメントの投稿

非公開コメント

拝見したかったです

金欠乏症で諦めました。
千穐楽の翌日早速にお父様にご覧になって頂いて愛之助さんもお喜びのことでしょうね。

来月の永楽館とシスティーナも行きたいけれどすっぱり諦めて来月は演舞場一本に絞りました。

来月も秀太郎さんも愛之助さんもそれぞれの劇場でのご活躍を期待しております。

No title

   渚さまの素敵な

   大きなお写真ありがとうございます!!!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム