舞台稽古




今日三十一日、「熊谷陣屋」の舞台稽古があり、明日一日から演舞場十一月興行の幕があき、私は熊谷陣屋の「藤の方」を勤めます。この役は本興行でも巡業でも、数え切れないほど勤めていて、熊谷初め、すべての役の台詞が頭に入っているので、今回も台本を一度も開きませんでした。思い出深いのは父と堀越のおじさん(⑪團十郎)の熊谷と大和屋のおじさん(⑧三津五郎)の弥陀六でとても素敵でした。話は変わりますが十月興行の後、久しぶりに三日間のお休みをいただき、二十六日に愛之助のシアターコクーンを観た後、「白雪姫と鏡の女王」から始まり、「新しい靴を買わなくちゃ」「私立バカレア高校」「009RE・CYBORG」「魔法少女まどか☆マギカ」「ロラックスおじさんの秘密の種」「伏・鉄砲娘の捕物帳」「推理作家ポー最後の五日間 」と、色んな映画を鑑賞しました。白雪姫~、新しい靴~、鉄砲娘~がそれぞれ素敵で、「新しい靴~」の中山美穂さん向井理さんのカザラナイ、中から滲み出る演技、それに坂本龍一さんの音楽が素晴らしく、最後に二人が抱き合った時は「うる
うる」しました。私は結構涙脆かったのですが、最近涙する作品に会わなかったのですが、白雪姫、鉄砲娘でも、めずらしく「じわ~っ」と来てしまいました。ただ「バカレア高校」は校内暴力を「カッコイイ」と思わせるような作品で、見終わって不愉快でしたが、観客は「そこそこ」入っていました。寂しかったのは「鉄砲娘~」で、内容も面白く、大島ミチルさんの素敵な音楽も素晴らしく、CDを求めるほどのアニメなのに、観客は私達のほかに二組の計六人…、もっと多くの人に見てほしいアニメです。反対に「魔法少女~」は百人以上の観客でした。演劇でもそうですが「良い作品」が観客動員がてきると云うものではありません。どうすれば良いのか私にはわかりません、ただ自分なりに一日一日の舞台を心を込めて勤めます。

コメントの投稿

非公開コメント

映画色々ご覧になったのですね

舞台稽古のお写真かとワクワクしましたが…
いやぁ映画三昧ですね♪
推理小説家ポ-の…が気になっていたのですがご感想はいかに…?
映画はこれちょっと観たいなと思っていても気づいたら終わってたりでこの頃あまり行けておりません。
映画もいいけどやっぱり生のお芝居がいいです♪明日の初日を楽しみにしております!
必ずしもいいものが観客動員が多いという訳ではないというのはお芝居にもあてはまりますね。こんないいものを何故世間の人は観に来ないんだ!ってこともあればしょうもないのに大入りってことも…難しいもんですね。

役々

著わされたご本拝読。
また今日のBLOG読ませて頂きその上の楽しみ。
熊谷の役々を
秀太郎丈に置き換えてみて、楽しんでおります。
以前 水口一夫氏が、天地会でなさった太十の佐藤正清がキッパリと実に素晴らしかったと絶賛されていたの思い出しました。





びっくりしました!

随分沢山映画をご覧になったんですね!
知っているタイトルの方が少ないです(知らなすぎかなあ)
知らないということはまず良し悪しもわからないということですね。
秀太郎丈の活力、自分に比べるとスーパーマンみたいです。
(比べることはおこがましい。(*^_^*))
明日は演舞場初日、楽しみにしております。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム