システィーナ歌舞伎





大入りのお客様に迎えられ、好評の内、無事に初日の二回公演を終えたようです。水口一夫さんの作・演出で、詳しい話しは知りませんが、天草四郎を中心に描かれた「奇想天外な作品」らしく、愛之助を中心に壱太郎・種之助の若手、それに吉弥・薪車の実力派。千壽郎も永楽館に引き続き一座に加えて頂き、良いお役で頑張っています!来月の顔見世興行興行で、松次郎共々「名題披露」を行い、「初代・片岡千壽」を名乗るので、この公演が「千壽郎」最後の舞台になります。今回の舞台では「少年使節団のマンショ」と「傾城・葛城太夫」に扮し。葛城では和洋折衷の音楽で「OSK」の生徒さんの新造をバックに華麗な踊りを披露しているそうです。数年前に梅田のドラマシティや松山県民ホールで公演した「若衆歌舞伎」が懐かしく思い出されますが、時代を経たいま、色んな部分がかなりグレードアップした公演になっていると思います、が、実は私、この公演を一度も観たことはなく、あまり偉そうな事は言えません、とにかく「華やかに爽やかに」心を込めて「素晴らしい新歌舞伎」を
披露し、ご来場のお客様の皆様に喜んで頂きたいと願ってます!親おやは演舞場で「古典歌舞伎」に挑んで頑張っています(^O^)
(添付写真は「少年使節のマンショ」「傾城・葛城」の千壽郎で、オマケに私の藤の方をチョイスしました。)

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます

先日講演を聴かせて頂きました者。
上方歌舞伎塾 創立から、全く素人の男の子達を、心を尽くしてお育てになり、今 この開花! 名題合格の千寿郎 松次郎 千次郎君たち
手塩にかけられた秀太郎丈のお喜びいかばかり と心からお祝い申上げます。

おめでとうございます

システィーナ初日のことが新聞にも載っていて、近ければぜひ拝見したいのに、一度も行ったことがなく、残念です。
千壽郎さん松次郎さんの名題披露なさるのはいつかしらと皆で話していましたが、このブログで、いよいよ来月の顔見世で実現と知ることができました。
千次郎さんも含め、上方歌舞伎会で渾身のご指導をなさり、卒塾後も親身のフォローを続けて来られた秀太郎丈のお喜びと感慨はいかばかりかと、心からお祝い申し上げます。
今月は何回も演舞場に伺う予定でしたが、恙ありて涙を飲んでいます。
中日を過ぎました。顔見世までもあと半月。寒くなりました。くれぐれもお身体に気をつけられてご熱演くださるようお祈り致しております。

おめでとうございます!

おめでとうございます!
システィーナ歌舞伎、名題披露華やかな話題に元気を頂きました。
昨日は演舞場中日おめでとうございます!藤の方間近で拝見させて頂きました。笛を我が子のように愛しまれる様子がとても印象深かったです。
システィーナ歌舞伎ご盛況の様子でなによりでございます。少年使節団 のお役は興味深いです。四百年以上前にヨーロッパへ行った少年達・・主役は天草四郎でしょうね。
いろいろ教えて頂きありがとうございます。
演舞場後半もお元気でお勤めくださいませ。

仁左衛門丈

先週に続き今日も演舞場昼を拝見してきました!
実は来週の夜と先週昼だけの予定だったんですが もしかしたら…!?と今日の昼のチケットを取りました。
残念ながらまだ復帰なさっていらっしゃらなかったけれど 番頭さんがいらしたのでお訊ねしてしまいました…

先月半ば過ぎに腸閉塞になり治療として絶食点滴なさっていらっしゃったとのこと!!

だから秀太郎さんがブログで少しずつ食べられるようになった!と書かれていたんですね!?


かなり長いお休みなので 実はとても心配していたのですが 病状を伺いちょっとホッといたしました!


秀太郎さんが明かしていらっしゃらないのに 失礼だとは思いましたが 皆様心配していらしたし それほど遠くない将来の復帰を信じて 勝手に書かせて頂きました。


舞台は素晴らしくて大満足なんですが それでも寂しさは拭えません!!


来週こそはご兄弟揃っての熊谷を拝見出来たらなと 体力をつけての復帰を楽しみにしております!!

勿論完全復帰でお願いしたいです!!!!

美しい写真をブログで拝見し
皆様から素晴らしい藤の方と言われている秀太郎さんの藤の方も とても楽しみにしています!!

お写真色々有難うございます

あ~益々システィーナ観に行きたかったです~(T_T)
私、上方歌舞伎塾一年目発表会の太十の十次郎からの千壽郎さん贔屓です。
卒塾後もちょっといいお役がつくとわぁい嬉しい♪と喜び、若衆歌舞伎や若伎会、上方歌舞伎会でのご活躍にはいつも拍手喝采で大喜びでした…。
名題披露されるんですね!おめでとうございます。郎がとれちゃうんですか…では千壽郎時代のサインを貰っておけばよかったと悔やんでしまいます。
名題さんになれば東京の公演では舞台写真が出るわけですよね。そして南座にはまねきが上がるわけですよね!なんかテンション上がりま~す(笑)楽しみです!
舞台写真といえば今日から演舞場でましたね。藤の方二枚だけでちょっと寂しかったですがblogでのお写真もあるので画像保存致します。
寒くなりましたがくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ。

システィーナ歌舞伎

システィーナ歌舞伎、堪能して参りました。千壽郎さんの葛城太夫、登場時はとても良い人に見せて、舞台の去り際に「あれ…この人本当は!?」と思わせる、刹那の目の演技にハッとさせられました。来月の名題披露、本当におめでとう御座います。お名前が変わってからの舞台もぜひ拝見したいと思います。
愛之助丈の熱演は言うまでもなく、古典とはまたひと味違う魅力たっぷりの舞台でした。来年もまた開催される由、楽しみです。

寒さが増してまいりました。秀太郎丈もご自身の舞台に、お弟子さんたちのご指導にとご多忙を極めていらっしゃると思いますが、くれぐれもご自愛くださいますよう…。仁左衛門丈のご回復も遠くよりお祈りいたしております。

No title

オマケ だって(^^♪

お写真ありがとう

海老蔵さんが

初春工藤を勤めるにつき
『貫目(重み)で見せる役。十三代目の仁左衛門のおじさんが素敵で、すごかった』と語っていますね。

素晴らしかったですよ

千壽郎さんの踊り、指の先まで華麗に踊られました。
永楽館ではもう少しお芝居をさせてあげあたかった!と思いましたが吉良の女間者の身のこなしが秀太郎丈に」本当によく似てこられました。システィーナは短くて残念ですが又来年も行きます。

魚之棚様

海老蔵さんのあの一言で
むっちゃ彼を見直してまいましたわ~(笑)
工藤ときいて江戸の役者さんは東京の役者さんをあげはるんかと
思ってたら…まだ小中学生のころご覧になったのでしょうけれども
さすがに感性鋭いんだわ…と。
お正月の海老蔵さんのもですが来月の十五代目さんの工藤
とっても楽しみです
勿論秀太郎さんの大磯の虎も楽しみです♪
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム