初春興行


松竹座初春興行の稽古が始まりました。「四の切」の『静』は6月の演舞場が初役で、今度で二度目、勿論『忠信』は猿之助さんですが、義経は6月の山城屋(藤十郎)さんから今回は扇雀さんに変わります。ちなみに3月の名古屋「御園座さようなら公演」の四の切では義経は山城屋さんに戻り、4月の「こんぴら金丸座」の猿之助襲名興行では、義経は愛之助です。猿之助・秀太郎は変わりませんが義経は月毎にかわります。毎月同じ狂言ですが、1月は正月の道頓堀・初春興行、3月は名古屋御園座の「さようなら公演」、そして4月は古風な雰囲気が楽しめる四国「こんぴら大芝居」の金丸座。「ところ変われは品変わる、義経も変わる」と、同じ芝居でもその土地土地、劇場によって違う雰囲気が楽しめますから、「またか!」と思わず、是非とも「それぞれの劇場」の「四の切」をお楽しみください。来年もお蔭様で予定がぎっしり!身体を大切に「良く学び・良く遊び…」、素敵な一年にしたいと思っております。宜しくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです

四の切尽くしですがそれでは南座では弟御の義経とのコンビでいかがでしょう…とちょっと妄想してしまいました。
二月お休みかと思ったら松竹座なのですね。お値段も昨今高すぎのなか財布に優しいし楽しみだったのですが益々楽しみになりました(^O^)
まずは初春芝居その前にNHKの顔見世中継楽しみにしております。
寒い日が続きますがくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ。

「静」さまにお会いしたい!

早速お写真ありがとうございます!
元旦の初日は厳しい気もいたしますがその分華やかさと
幕の開くめでたさが感じられます。
4月までは東京ではお舞台がないのがとても寂しいです。
5月は新しい歌舞伎座ですね。待って待っております。
寒さもひとしお厳しくなってまいりました。お体にお気を
つけて初日をお迎えくださいま世。

可愛いお写真

 とっても可愛いお写真ありがとうv-221
 
 v-238すんごく綺麗でかわゆい
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム