あと十日



十六日の舞台を終え、今月の興行も後十日になりました。お陰様で初日から大入り続きで活気に満ちた舞台が続いています。私も元気に舞台を勤めていて、皆さんが「元気ですね~」と言ってくださいますが、猿之助さんの元気さには遠く及びません。もちろん歳は違いますが、それにしても彼の活力は凄いです。舞台はもとより楽屋でもとても元気で全く疲れた様子を見せません。私も負けずに頑張ります!役者に歳はありません(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみにしています

今日 17日 夜の部を見に行かせていただきます

3階から上手にお声を掛けられるか心配ですが
頑張ってみます

わくわくして、早く目が覚めてしまいました
京都(の田舎)からですので、昼過ぎには家を出ます

静御前 口上 楽しみです

お写真続々

この静御前も素敵ですね。
阪神淡路大震災の日で思い出すのは中座での翫雀さん扇雀さんの襲名公演です…。もう18年かぁ。
今月の襲名興行も大入り続きとのことでなによりです。
まだまだ10日間もあるのでこんなことを言っては叱られますが初日早々に拝見してしまったので心ははや来月へと向かっております。
去年の二月の花形も楽しかったですが今年も楽しみです。
寒さが続きますがくれぐれもお体にはお気をつけてお元気でお勤め下さいませ。

楽しみにしています

秀太郎さんのお姿を拝見したく、やって参りました。
それにしても大人気ですね。
平日だというのにほぼ満席です。

吉田屋

再放送 18日12時から12時15分
Eテレ
十三代目仁左衛門丈の伊左衛門
秀太郎丈のおきさ お見逃しなきよう

活気!!

自分に何より欲しい活気です。
松竹座が活気あふれていていいですね!
秀太郎丈の静御前お写真から情熱をいただいております。
あと十日ますます活気溢れる毎日でありますように!
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム