御園座


澤潟屋さんお三方の襲名披露が名古屋御園座の「さよなら興行」で華やかに初日を迎えました!私は東京、大阪での御披露に続き、今回の名古屋での御披露興行に参加させて頂きます。御園座における父の思い出、ご当地のご贔屓の思い出…、数々の思い出多い御園座の最後の公演に出していただくのは、誠に感無量です。新・猿之助さんが毎興行に私を呼んでくれるのは嬉しいですし、今回特に嬉しいのは仲良しの段四郎さんが元気に「四の切」に出演して、猿之助さんと仲良く相部屋している事です!中車さんもわずか一と月見ぬ間に、一段と「歌舞伎役者」の風情を漂わせています。私も今日から千穐楽まで二十五日間、「三興行目の靜御前」を頑張って勤めさせて頂きます!宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

初日おめでとうございます

やはり美しいですね。静御前!
先月は終盤の観劇だったので舞台の様子をきくにつれ早く拝見したくてウズウズしておりましたが今月は本日初日に参上いたします♪

段四郎さんはお元気になられて嬉しいです。

金丸座博多座は拝見出来ないので本日しかと拝見いたします♪

季節の変わり目ですがくれぐれも御身体にはお気をつけ下さいませ。

おめでとうございます!

御園座初日おめでとうございます!
千龝楽まで無事につとめられますようお祈り申し上げます。

初日おめでとうございます。

御園座初日おめでとうございます。
本日観劇に参ります。秀太郎さんの静御前は可愛らしくて大好きですので、本日もとても楽しみにしています。

名古屋はまだまだ寒いですが、千穐楽までお身体に気を付けて下さいませ。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム