あと五日~



御園座の「さよなら興行」も後五日になりました。いよいよお別れとなると、子役時代からの思い出が次から次へとわいてきます。実のところ御園座そのものの思い出よりも、今は亡き西川流先代家元の鯉三郎師、清元榮寿郎師、清元邦楽の名手小田さださん。名古屋のご贔屓の方々の事や、やはり無くなってしまった料亭やレストラン…、「やちく」「吉美グリル」や「キッチンときわ」、毎晩のように通っていた住吉の「スナック凡太郎」、今池のザンビ、大須に有った歌舞伎座やほうしょう座。大曽根の大衆演劇…。「グラフなつめ」は今月もお世話になりましたが、それらは御園座に出ていたればこその思い出です。今月の「口上」で壽猿さんが「~…~。あれから五十年~」と言っていますが、私の名古屋の思い出は六十年以上さかのぼります。その頃は京都から汽車で三時間くらいかけて名古屋に来ていたように思います。名古屋に到着する時間が決められていて、父が名古屋駅に着くと当時の「いかい社長」や長谷川専務(後の社長、会長で現社長のお祖父様、栄一さんで「えいさま」)など
が出迎えてくださっていました。今は京都~名古屋は30数分…、夢のようです。お陰で、ちょくちょく京都に帰ることも出来、京都からも連日多くの方々が観劇に来て下さっているのですが、その御園座もあと五日…、まことに寂しゅうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

思い出深い名古屋なのですね。のこり5日どうぞお元気でお勤め下さいませ。口上姿素敵です。スマホに変えてコメントうつのに四苦八苦…新しい物になれるには時間がかかりそうです。新しい歌舞伎座に早く慣れるといいなと思います。

おすまし 2

 おすまし ほんと 可愛い・・・・

 v-238v-263v-221

思い出は宝物

数々の思い出、本当に大切な宝物ですね。
13代目さまの幅広いご交友、ご支援者の方々が偲ばれ、
次の代の秀太郎さまが繋いでいらっしゃったご縁が
途切れることはないと思います。また何かに繋がって
行くことでしょう。
あと5日となってしまったのですね。
思う存分御園座の舞台に愛をこめられますように!、
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム