千穐楽

御園座さよなら公演、「沢潟屋さん猿翁、猿之助、中車さんの襲名披露興行」、ご支援ありがとうございました。今夜の内に上京し、27日28日の二日間、歌舞伎座の開場式に参加します。4月は6日から四国金比羅・金丸座に初めて出演します。宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

千穐楽おめでとうございます

お元気に楽日をお迎えになられて嬉しいです。今公演中に猿之助さんの四の切も100回を超えられましたが、秀太郎さんの静御前も今日で76回でしょうか?回を重ねて益々素敵な舞台になっていることでしょうね。
今日は十三代目さんのご命日ですね。ご兄弟の中で今月舞台ご出演中なのは秀太郎さんのみでいらっしゃるからあちこちの劇場を回られることなく思い出深い御園座にいらっしゃいますことでしょうね。
明日明後日はいよいよ歌舞伎座ですか。応募した手打ち式にも外れ落胆でしたが、出待ちにでもいこかしらと思います
…今日一日どうぞお元気でお勤め下さいませ。

おめでとうございます

ご無沙汰に打ち過ぎ申し訳ございません。
まずはお父様の祥月ご命日、感無量です。地方住みで今年もお墓参りに行かれませんが、あのお墓の上の桜の大木が今年は満開で華を添えてくれていることでしょう。
名古屋での千穐楽おめでとうございます。初めの頃、ご体調がすぐれないとのブログで本当に心配でしたが、大過なく本日を迎えられて何よりでした。
御園座もこれで数年お別れですね。名古屋で歌舞伎を見るといえば御園座。秀太郎丈のような昔からの思い出ではありませんが、何度も通ったあの頃この頃。仁左衛門丈の襲名お練りやまねき上げにも行きました。懐かしいです。
いよいよ歌舞伎座も開場式になりますね。手打ち式に行かれませんが、テレビや新聞等でお目にかかれるのを楽しみにしています。



千穐楽おめでとうございます!

沢山の思いの中でめでたく千穐楽をお迎えになられたことと
思います。
東京は桜の満開を迎え数日経ちましたがまだまだ
何処も華麗な姿を保っているようです。きっと千鳥ヶ淵も。
歌舞伎座の手打式、私も抽選ははずれTVで拝見できればと
思って楽しみにしております。
多くの方にいまだに慕われていらっしゃいます13代目さまの
ご命日、満開の桜が華を添えていることと思います。

千龝楽本当におめでとうございます

今日も本当に結構でした静御前!
つくづく 芸の深さ を思い知らされました。

新歌舞伎座!

開場式、幸いにも拝見叶いました。

新しい歌舞伎座はどこか懐かしくもあり、以前と違う部分に他の劇場に居るような落ち着かない気分にもなり、不思議な感じでした。
とは言え三階席の見心地は格段に上がっており、最後列でも七三が見えるのには感激! ここで観劇するのが楽しみです。
御園座に名残を惜しんだ翌日に新しい歌舞伎座へのご出演、感慨深いものがありますね。

願わくば今日の開場式の方が拝見したかったですが、贅沢は言いません。琴平でお会い出来るのを楽しみにしております。

拝見しやすかった劇場

御園座、名残惜しいですね。客席が鉢形になっているので大変見やすい劇場でした。新しい歌舞伎座が開場しましたが、新しい御園座も待ち遠しいですね。
御園座の舞台では「金閣寺」の狩野之介が印象に残っています。品の良さや悔しさなどが合わさった何とも言えない雰囲気は、まさに狩野之介がそこにいるかのようで、納得させられるものでした。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム