金丸座初日





凄い熱気でした!超満員のお客様と舞台が一つになったような素晴らしい初日でした。地元は勿論、京阪からも東京からも大勢の方が観に来て下さり、何しろ前売り開始後1時間で千穐楽まで完売と言う盛況、昨日のお練りの人出も過去最高だったそうで、新・猿之助さんの人気は凄いです。心配された天候も「単なる雨模様」と言った感じで宿の桜の抄から金丸座まで傘もささずに楽屋入りしました。今月は昼の部で四の切、夜の部で口上なのでとても楽です。口上が夜の部と言っても終わるのは4時過ぎ、今日は終演後、大阪から来る家族を琴平駅まで迎えに行きました。最後の狂言に出ている愛之助の終演を待って、留学先のザルツブルクから帰ってきた姉娘を交えて、久しぶりに親子五人で楽しく食事をとりました。今日の静御前は77回目、博多の6月興行中に100回目を迎えるのですが、今月の金丸座も猿之助さんの新工夫の楽しさ、劇場の雰囲気も手伝ってとても楽しく舞台を勤めました。愛之助の義経は一日目の稽古の時はあまりの酷さに口も聞きませんでしたが、舞台稽古は少し「まし」
になり、今日の初日はそこそこの義経でした。でも共演者にも迷惑をかけ「本番が良ければ良い」と言うものではありません。稽古にも謙虚に取り組んでほしいです。それにしても倅の愛人役を勤めさせて頂くのは女形として嬉しく、山城屋さんの曽根崎心中につぐ二組目ではないでしょうか…?(恋愛関係でも親が男で倅が女と云うのは少なくありません)

コメントの投稿

非公開コメント

初日おめでとうございます

金丸座の初日
ご機嫌よくお迎え 本当に嬉しいです。
舞台のあとのお食事等々 伺うだけで 楽しく
益々お元気で
大好評の静御前
お勤めくださいませ。 拝見出来ます日を楽しみに致します。

素敵なお写真ありがとうございます!

琴平でご家族でのお食事よいですね♪
愛之助さんの義経評の親なればこその手厳しさに
東京から愛ちゃん頑張れエールを送らせていただきます!

心配だったお天気もそうはあれずにすんだようでなによりです。
千穐楽までどうぞお元気でお勤めくださいませ。

来月歌舞伎座でお待ちしておりま~す!

初日おめでとうございます!

一日遅れになってしまいましたが、大盛況の初日
本当におめでとうございます!
紋付袴姿のいい女?いい男のお写真凄く素敵です!
それに「静」さまの憂いをおびたお写真が美しく、
背中が語るものに女の儚さを感じたりいたしております。
ご家族でのお食事の和やかな風景を想像したり・・・
お元気に金毘羅金丸座を満喫なさいますようお祈り
いたしております。
五月の歌舞伎座をお待ちしております!!

楽しいブログをいつもありがとうございます。

初めてメッセージさせていただきます。地方公演のお話を聞けるのは、なかなか遠征できない関東のファンとしては、大変うれしく、ありがたく思います。

秀太郎さんの静御前はいつも愛らしさと色気があり、しかも優しさと情に溢れています。同じお役でも役者さんの個性が出て、それぞれ違うものですね。だから歌舞伎観劇はやめられない!

愛之助さん、立派な立ち役になられた今も厳しく指導してくださるお父上や叔父様方がいらっしゃるのは、大変ありがたいことではないでしょうか。ご本人の口からもよく「ありがたい」とおっしゃっているのを耳にします。ぜひこれからも頑張って、お父上の期待に応えていただきたいですね。

松嶋屋の皆様を心より応援しています。また劇場で拝見できる日を楽しみにしています。

楽しかったです!

お練りと初日の舞台と、大変贅沢な週末を過ごさせて戴きました。
お練りの人出は昨年の3倍だったとかで、いつもなら人気のない通りもあるのに、今年はどこの道にも人・人・・・だったようですね。
秀太郎さんが携帯片手に、そこ此処で写真を撮られる姿が・・・特に、セレモニーで寿猿さんが話される際に前に出てきてまで撮ってらしたのは、お茶目で思わず笑ってしまいました。
皆さんが和気藹々としていて、楽しかったです。

そして肝心の舞台の方は、秀太郎さん的には愛之助さんの出来は『そこそこ』だったのですね。
私は非常~に感動しておりました。
何度か拝見した静さんの中でも、一番と思える程で・・・
それは、愛之助さんとのコンビというのも大きく作用していたように思えます。
宙乗りで去っていく狐忠信を見送りながら、見詰め合って微笑まれるお二人の姿はジーンと胸に染みました。
また、静さんの表情に芝居の喜怒哀楽が現れていて、今はどれだけ哀しい場面なのか、どれだけ喜びの場面なのか、自分もその感情を共有しているような気持ちになり、芝居の世界に入り込めました。
本当にとてもとても良かったので、叶うことならば再見したいところですが・・・贅沢してしまったのでもう出来ません(泣)
これから観に行かれる方々が羨ましいです!

末筆ながら・・・久し振りにお会いした奥様、すぐに判らず失礼な事を致しました。お嬢様方のご成長ぶりにもびっくり!
こちらも齢を取る筈ですね。

金丸座!!

大盛況の金丸座!
客席との距離感思うにつけ
飛んでいきたい思いでブログ拝見しております!!

見つめ合って忠信を見送る・・・の図。

美男美女カップル、素敵でしょうね☆
いかに離れていても義経と静の心が通じていることが垣間見える瞬間、大事ですものね。。。
しかし、師匠で父で女形の愛人と見つめ合う愛之助さんの緊張感お察しいたします!!
惚れたい男の人がいるからこそ、かわいらしくもなれるってもんですからね! ( ←女の言い訳です v(^^) )
きっと数回のうちに息ぴったりの気分盛り上がるナイスカップルになってらっしゃることと思います!!

また美しいお写真のUP、心待ちにしております!




、本当に貴重なお舞台ですね☆

地震大丈夫でしたか?

今朝、インターネットを見たら関西で地震あったからビックリしました。
今後の余震に気をつけて欲しいと思います。
片岡秀太郎さんと愛之助さんは関西にお住まいでしょうから大変だったと思います。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム